約束が違う!いつまでたっても契約社員から正社員にしてくれない会社の特徴 ブラックの可能性も…

契約社員で入社して3ヶ月。

社長と経営者と人事部長とそして部署の上司と私とでの5人でフィードバック面談をしたときに

“あなたを正社員に雇用を切り替える話が進んでいます。”

と嬉しい言葉を貰えました。

 

試用期間の3ヶ月が終わって契約社員から正社員になれるという話が上がったのですが結果的に1年務めても正社員に雇用が変わることはなく先延ばしにされ続けました。

 

こういう会社って意外にも多いし勤めていて感じたのが雇用側である私にとってメリットがない。

正社員にしてくれるという話を持ち掛けたのに約束が違うじゃないかと不満も募っていきました。

 

経営側から正社員にすると話をけしかけたのにもかかわらず非正規雇用である契約社員から正社員にしてくれない会社は悪質です。

なぜそういう事が起きるのか、自分の実体験から分かったことを書いていきたいと思います。




会社の就業規則をしっかりと把握しておく

会社の就労規則を意外にも知らないまま非正規雇用で我慢している雇用者は多いです。

まずは一目通して会社の雇用への対応の仕方などを知っておきましょう。

 

そこに具体的な正社員への昇格への期間や場合によれば能力重視など規定が記されています。

それに当てはまっているならば会社に交渉し正社員にしてもらう事は必須条件です。

 

会社側ももし規則に則っていなければ訴えられる可能性もありますし、社内からの信用が薄れていきます。

 

また会社側の都合により規定では正社員になれる条件がそろっているのになかなか正社員に切り替えてくれない場合がありました。

私の会社では当時会社の経営が困難だったのと過去に正社員に切り替えた社員が問題を起こしたことで、契約社員を正社員にすることを拒んでいました。

それを理由に先延ばしにされていましたが、こういった場合ははっきり言って悪質であり規則違反です。

 

またずぼらな会社やずるい会社は正社員についての会社規則を書いていないものもあります。

こういう場合は口では『正社員にしてあげる』とエサを目の前にぶら下げて会社に何としてでもしがみつかせようという魂胆があり、またあくまで口頭上での正社員になれる可能をちらつかせているだけですので、後でいくらでも変更されてしまいます。

 

口から出たおいしい言葉は信じないこと。

しっかりと書類により契約を交わして形になってから話を信じるべきでしょう。

 

そもそも正社員として雇う気がなかった

口では『正社員にすることを考えている』と話されてはいたが書面や契約切り替えなど具体的な話が一向にない。

だんだん不信になってきたのですが会社側の本質が感じられた2つを例に書いていきたいと思います。

 

そもそも正社員にすることは本気ではなかったとしか思えない状況でした。

 

正社員にしてくれない会社は経営が危ない

そもそも正社員の話が出ていたり規則で正社員になれるとあるのにもかかわらず一向に正社員になれないその裏側には会社の経営難がありました。

 

売り上げが伸びず雇用者に経費を落とせなかったり、正社員に比べ契約社員は契約期間が来れば更新手続きを拒否すれば解約できます。

つまり正社員を雇うよりも社員を辞めさせやすいのが非正規雇用なんです。

 

そんな危ない経営事情の場合は正社員ではなく非正規雇用である契約社員として雇う方が会社にとっては扱いやすいという裏側がありました。

 

これに利用されたままで良いのか、考えるまでもないですよね。

 

経営があまり良くない会社や、売り上げが伸びない会社を立て直すのは至難の業です。

そんな将来性が危うい会社だと感じたらこれを期に転職した方が絶対に自分の職歴将来が安定します。

 

雇用者に責任を持てない器の小さい会社

経営難と通じるものではありますが、そもそも会社側が雇用者を辞めさせやすい非正規で雇っている時点で社員として人材を確保する責任能力の低い会社であります。

ブラック企業とかにも多いですね…。

 

正社員の話はでるのに一向に正社員にしてくれない会社は社員は確保したいし・辞めて欲しくないのでとりあえずの口先だけでが正社員の話をエサにして辞めさせないようにします。

しかし本音は正社員として確保できるほどのゆとりがないブラック企業の可能性が高いです。

 

本来ちゃんとした会社であれば何かあれば人を切り捨てられるという考えを持っていたら相当ヤバいです。

 

正社員の話が口頭だけで一向に正社員にしてもらえない会社はただ自分がしがみついているだけの存在になっていることに気付きましょう。

何かあればすぐに切られてしまうそんな雇い方しかできない会社です。



そんな悪質な会社で正社員になれたとしても待遇が良いとは限らない

こういった契約社員やその他の非正規で雇ってしばらくたち正社員にしたいという話が持ち掛けられているのに一向に正社員にしてくれない会社で仮に正社員になれたとしてもいい事はないと感じました。

 

その理由として上記で上げたように、会社側が雇用者に責任を持てないほど経営がうまくいっていないこと。

倒産の恐れもありますし、正社員になれたとしても人件費削減のため給料が下がったり、もしくは賞与がなくなる、年間休日が減るなど悪循環が生まれやすいんです。

実際にそうだったので断言したいですがこればっかりは会社によりけりです。

 

そもそも試用期間が終わり即戦力となっている人材に人件費をケチっている会社は大したことはないんです。

待遇も粗悪なことが多かったりします。

 

いっそのこと契約社員の状態で履歴書に傷をつけることなく満期契約で更新を打ち切りしっかりと正社員として自分を雇ってくれる未来のある会社に勤めるべきでしょう。

 

正社員になってしまうと経歴に傷が残りますし、待遇が悪い事に気付いても辞めずらくなってしまいます。

 

正社員の話が出て2か月経っても動きがないなら期待しない方が良い

私の話をしますと正社員の話が出て半年以上待ちましたが結果的に正社員にするのはうそだったのかと判断しました。

正直もっと早い段階で気づいているべきでした。

 

正社員への話が出たときに具体的な日や段取りなどこちら側が切り込んで質問しても良かったかもしれません。

そうすることで会社側も口約束程度ではごまかせないと思うか、その話の切り口から正社員にしてもらえることもあります。

 

こう考えると言ったもんがちなところも否めません。

 

会社は会社の都合しか基本的に考えていません。

こちらが強く意思表示をしないとどんどん流してしまうようなずるいところもありますので。

 

ひとまずは1ヶ月待って話が一向に進まなければ上司に相談し2か月待っても納得し得る答えや、正社員切り替えの手続きが取れない場合はもう期待しないで見切った方が良いです。

 

この時点で大した会社ではないのが判明しているので1~2ヶ月待たずとも転職を考えて行動へ移した方が得策でもあります。

 

会社で頑張って働いても切られるときは一瞬です

非正規雇用として入っても頑張れば正社員になれるとかいう会社って信用できないです。

頑張ればって何を基準でしょう。

 

頑張って会社のために働いたとしても、経営が悪化したり人件費削減でまず切り捨てられるのは非正規雇用側です。

都合のいいように会社が扱っていて何かあれば捨てられるような雇い方です。

こちらが頑張って働いたとしても会社は何もしてくれないんです。

 

そんな保険も掛けられない会社で働いても不安が募るだけだし時間ももったいないです。

 

結局は自分の身や生活は自分で何とかしないといけません。

会社も当てにならないんです。

 

会社の『頑張れば正社員になれるよ』とか『正社員にすることを考えている』などの口だけの張ったりに不信感が出たら長くは続かないことを忠告しておきます。

 

正社員として雇ってくれる企業を探すには早めの行動

こういった悪質ともいえる会社に当たらないためには企業への調査が徹底しているエージェントからの紹介が一番です。

ハローワークだと情報が古いまま掲載に使っていたり、社内調査があまりしっかりしていません。

 

利用するなとは言いませんが、転職エージェントも併用していろんな媒体から情報を集め、またコンサルタントに相談してみる事も自分の気持ちが楽になります。

おすすめしないのは1つのみの転職媒体に頼って偏った情報のみで会社を探すこと。

転職サイトや転職エージェントを複数利用することをおすすめします。

 

正社員になれるおすすめの転職エージェント

 

  1. DOAD
    ⇒大手転職エージェントDODAは文句なしの信頼なのでとりあえず登録しておきましょう
  2. ゲキサポ!転職
    ⇒20・30代向けの転職エージェント/サポートが徹底していて転職後の給料が150万円UPの実績があります
  3. 就職・転職ならDYM就職
    ⇒職歴に自信がない人でも正社員雇用の優良な就職先を探してくれました/面談後3日で採用された経験あります

 

正社員になることを目的で使ってみて良かった転職エージェントです。

すぐに転職を考えていなくても登録しておいて情報は集めておきましょう。

 

企業の求人票は生き物ですので日々情報が変わりますし、エージェントを利用した時も急にマッチングの高い優良な会社を紹介されることもよくあります。

会社が自分の雇用にあやふやであるならば自分が安心して生活するための別の道も用意しておくべきでしょう。

 

人気記事未経験から中途入社したWeb制作会社がブラックだったので1年目で辞めて転職した結果