フリーターが就職のために資格を勉強しても意味ない理由【資格なしでも就職できる】

フリーターが資格を勉強することを勧めない理由

資格を取る意味

フリーターやニートの方で就活に有利になるために何か資格を取った方が良いのかなと考えている人がいますが、ほぼ無意味です。

その理由ですが『何かやりたい仕事があって、その職業に資格が必要だから資格を取る』という考えではなく、漠然と就職活動に有利になる資格って何だろうと方向性がブレている人が多いからです。

 

もし本記事にたどり着いた方で就きたい仕事があるけどその仕事には資格がいるから勉強していたいと考えている人にはいらぬ記事ですので元居たページに戻りましょう。

 

まず資格はその仕事にとって必要だから取るものです。ただ単に就職に有利だから取るものではありません。

 

例えば営業でホテルやマンションなどをセールスする仕事であるならば宅地建物取引の仕事になるので宅建の資格が有利になります。

それなのに先に宅建の資格を取得したとしても別にやりたい仕事でもなかったしそもそも営業や不動産の仕事には興味がなくただ資格は何かあった方が良いという理由だけで資格を得ても意味がありません。

 

一番重要なことってどんな資格を持っているかというよりも、その資格を使って仕事に利益を生み出せるスキルを持っているかなんですよね。

 

とりあえず何か資格を取った方が良いのかと仕事に対する方向性が定まっていないのであれば先に就活をした方が良いですし、また資格も仕事に就いてから取得できるので今フリーターであるなら先に就活をされた方が良いのかなという意見です。

 

就職への方向性もあまり定まっておらずとりあえず就活に有利だからという理由で何か資格を得たい人に向けた記事になっています。

 

資格を勉強した方が良い仕事に就きたいなら学んでもいい

公務員になりたいだとか弁護士になりたいとか特殊な資格がないと成れない仕事はのぞきます。

資格がないとその仕事に就けない、応募できないと資格ありきで働ける仕事であるならばそのために資格を取るのは当然のことです。

 

ただ単に、就職全般に有利になるからというイメージだけで資格を取るくらいならその時間を就活にあてたほうが何倍も価値的です。

また資格がないと就職できない仕事を除いて、『資格があれば有利な仕事』などもあると思います。

 

資格は就職してから取った方が良い理由

資格がなくてもとりあえず入れる業界であるならばその仕事に就いてから必要に応じて資格を勉強したほうがいいと思います。

 

会社に入ってから、仕事に必要性が出てきたからとそこから勉強し始めるのが一般的にも感じます。

 

勉強で例えるなら英語を話せるようになりたいからと中学生から大学レベルの問題集や参考書を片っ端から買ってみたものの自分のレベルにあったものって1~2冊だったなんてことないでしょうか。

勉強を進めてからこの部分が分からないから参考書を買ってみるかと、必要なこと学びたいことができてから学ぶ方が身に入りやすいしその学びを活かせます。

 

まとめますと自分がなりたい仕事に必ず資格がないと応募できない仕事以外で就活を考えているのなら、就活した方が今一番若い時に仕事が決められます。

無意味に資格を取ることに時間を割く方がよっぽど大きなデメリットです。

 

フリーター経験しかない人に勧める就職活動

頼もしいサポーター

社会人としての職歴がない20~30代の方に勧めるのが『フリーター向けの転職エージェント』を利用することです。

 

ざっくりとその理由をまとめます。

 

フリーター向けの転職エージェントを利用すべき理由

 

 

  1. 自分のレベルにあった会社を紹介されるので採用率が高い
  2. ブラック企業や質の悪い会社を避けられる
  3. カウンセリングを受けることで適職が探せる
  4. 非公開求人から応募できるのでライバルがいない
  5. 職歴不要の未経験案件が豊富

 

 

理由としてまず転職エージェントを利用するメリットは自分のレベルにあった会社を紹介してもらえるので就職しやすいことと、自分一人で就活をするときに利用している求人サイトでは公開している求人のみしか応募できないため、ライバルが多いです。

しかし転職エージェントに相談することで非公開求人を紹介してもらえるので、ほかのライバルがいないところから応募できることで採用までもスムーズに進むことが多いです。

 

そのほかにも自分が何お仕事がしたいのかわからないのであればアドバイザーに相談することで相性のいい仕事を見つけられますし、またブラック企業などの悪質な会社を避けることが可能です。

 

多くの転職エージェントは『社会人経験ありきの経験者転職』を目的としていますが、今までフリーターを続けていて職歴がない方には未経験案件を多く扱っている転職エージェントを利用することでハンデが気にならない就活ができるのも大きな強みです。

 

フリーター向けの転職エージェントを利用して就活を考えているのであればまずはその転職エージェントに相談してみましょう。

サービスや紹介される仕事などで自分が納得したらそのエージェントを活用してどんどん就活を進めていけばいいのですから、まずは転職エージェントに来社してアドバイザーと話してみましょう。

 

フリーター向けの転職エージェントについては【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】でまとめています。

 

 

他にも就活から会社に就職する以外にも転職保証のあるスクールに通って就活する手もあります。

ITやWeb系の仕事になりますが、プログラミングに興味がある方はこのまま少しお付き合いください。

 

転職保証のあるスクール経由で就職する

私自身無料のプログラミングスクールを経由してWebエンジニアになりました。

25歳の時に就職できたのですがその経緯については25歳未経験からWebエンジニアに転職できた体験談【大卒フリーターから一念発起】で語っていますので興味がある方は是非お読みください。

 

フリーターから就活を始めたときも最初からエンジニアになりたかったというわけでなく、なんとなくクリエイティブな仕事がしたいなぁという理由だけでスクールに通い始めました。

ただ転職保証付きのプログラミングスクールを無料で受けられるのは30歳以下が対象でもありますので、お金をかけずストレートにIT業界に就職してみたいという方は利用価値が高いです。

 

無料のプログラミングスクールについては【全て無料】ニート・フリーターに勧める転職保証付きのプログラミングスクールでまとめています。

 

30歳代以降でも転職保証付きのプログラミングスクールはたくさんあるのですが有料になってしまいます。

何か適当な資格を学ぼうと考えているくらいなら就職に直結している学びに投資して就職したほうが良いでしょう。

年齢関係なく学べるプログラミングスクールについては【無料あり】20代からWeb系のITエンジニアに転職したい人に勧めるプログラミングスクール3社でまとめています。

 

フリーターから就職したいなら資格の勉強よりも就職するための行動

最後になりますが、フリーターから正社員なりに就職したいのであれば資格を取るよりも自分の今の状況や経歴で仕事を紹介してくれる転職エージェントを利用すること。

 

もしくは転職保証のあるスクールなどに通ってエスカレーター式に就職を狙うのが一番です。

私が紹介したのはプログラミングのスクールですので興味がない方は、転職エージェントを利用して自分が興味を持てて楽しめる敵将を探したほうがいいでしょう。

 

勉強でも就活でもそれなりに大変です。

就活に有利になるからと安易な発想で勉強を始めても挫折してしまう可能性も大いにありますし、資格が取れてから就職するという考えになってしまっては仮に資格を取るのに半年1年とかかったら、ただ無意味に空白の機関を作っているのと同じです。

 

長い間フリーターをしていて30歳になってしまったけど就職成功されている人は資格うんぬんよりもとにかく行動に移してどんどん会社を受けたことで就職できた方がいる一方、まだ24歳なのに資格がスキルが時にして一向に行動に移せず、どの資格が就活に有利なのかなと調べて悩んでいるだけで終わってしまう人はどんどん自分の首を絞めてしまっています。

 

何がいいかなと悩んでいる時点で行動も試行も停止してしまっているんですよね。

安牌ばかりを考えて保険を作るのに時間をかけるのではなく、今より若い時はないので今から行動に移しましょう。

 

そのためにまずは【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】で相談できそうなエージェントを探しましょう。

 

ここで行動するかしないかでこの先の人生が大きく変わります。貴重な分岐点ですので無駄にならないように祈っています。

 

人気記事【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】