【無料あり】20代からWeb系のITエンジニアに転職したい人に勧めるプログラミングスクール3社

26歳で営業の仕事をしているけどIT業界の特にWeb制作に興味があって転職を検討している。

とはいえプログラミング知識はほとんどなく、Webサイトも昔遊びで少し触ったことがある程度。

 

ちゃんと勉強してからWeb制作会社でエンジニアとしてWebサイトやWebアプリを制作する仕事に携わりたい。

だけどどのプログラミング言語って結構たくさんあるし厳密にWeb業界に必要な言語ってどれ何のか。

WebエンジニアといってもWebサイト制作とアプリケーション制作とWebのシステムエンジニアなどで使う仕事内容も使う言語も違うみたいだ。

 

自分がなりたいWebエンジニアをちゃんと知ってから学ぶべき言語をしっかり学べるプログラミングスクールを選んで受講したい。

 

こういった悩みを解決する記事内容となっています。

 

私はプログラミングスクール上がりで基礎知識をつけてからWeb制作会社に転職しWebサイトを制作するフロントエンドエンジニアとして働いています。

一言にWeb業界といってもフロントエンドエンジニア、アプリケーションエンジニア、システムエンジニアとエンジニア職は分かれています。

 

まず自分がエンジニアとしてWeb業界でどのようなっことをしたいのかを明確にしてから、その路線に必要な学習を取り入れましょう。

 

そしてプログラミングスクールはそれなりの受講料が必要となっていますが20代で転職目的の方でしたら無料になるスクールもありますので是非参考にしてください。

 

本記事を勧める人

 

  1. 20代の社会人・フリーター
  2. 未経験だけどWeb業界でエンジニアに転職を本気で考えている
  3. プログラミングスクールを受講したいけどどこがいいのか知りたい

 

本記事で紹介しているお勧めプログラミングスクール【無料あり】

  1. TechAcademy:オンライン型【1週間無料体験あり】
  2. テックキャンプ:通学型&オンライン型両立【転職できなければ全額返金】
  3. CodeCampGATE:オンライン型※受講相談で1万円割引クーポンもらえる

 

IT業界とWeb業界の同じなの?Webエンジニアってそもそも何?

あんまりわかってない

まずインターネット業界をひとくくりでIT業界と言われまずが、Web業界も大きく言ってIT業界です。

IT業界でも特にWeb開発に特化している業界をWeb業界とさし、Webサイトを制作したり、Webデザインを手掛けたり、Webアプリを制作したり、マーケティング系のお仕事もありますが、今回はWebエンジニアになるためのお話しとなります。

 

Web業界にあるエンジニア職は主に3つある

大きく分けてWeb業界で働くエンジニアは3つのタイプに分かれています。

 

 

  1. Webサイトを制作するエンジニア(フロントエンドエンジニア)
  2. Webのサーバー側でシステムを構築するエンジニア(サーバーサイドエンジニア)
  3. Webアプリを制作するエンジニア(アプリケーションエンジニア)

 

フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアとは?

おそらくですが多くの方がWebエンジニア=Webサイトを制作するプログラマーと思っていると思いますが、Webサイトを制作するプログラマーにも2つのポジションがあります。

それがフロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアです。

ユーザー側が実際に見るWebサイトを作っているのがフロントエンドエンジニア、ユーザーには見えないWebサイトの中身のシステム部分を制作しているのがサーバーサイドエンジニア(バックグラウンドエンジニアとも呼ばれています。)です。

簡単に言いますと見た目を作るデザイン寄りのエンジニアがフロントエンドエンジニア。

システム開発でゴリゴリとプログラミングを書くのがサーバーサイドエンジニアです。

 

この2つのエンジニアは同じ制作会社で一緒に仕事をする仲ではあるのですがお互いに扱う言語が違うのでお互い何をしているのかはっきりわかっていない関係なんです。

フロントエンドもサーバーサイドのエンジニアは稼ぎやすく、またフリーランスとして独立し自由に稼ぐ方も多いです。

難易度的に言いますとフロントエンドエンジニアは初心者や未経験でも入りやすいですが、サーバーサイド側は初心者にはハードルが高めの玄人向けのポジションです。

 

Webアプリケーションエンジニアとは?

また最近ではWebのアプリケーション開発も人気で需要が高まっています。有名なもので『Twitter』や『Youtube』、『食べログ』などブラウザを経由したソフトウエアが挙げられます。

iPhoneやandroidなどスマホを持たない現代人がいないくらいですので、Webアプリの仕事は今もこれからもどんどん需要が高まっている。スキルがあれば就職しやすい業界ですし将来性のある職種です。

 

自分がWebサイトを作りたいのか?Webアプリを作りたいのかでひとまず目指す職種が定まってくると思います。

 

それぞれのWeb系エンジニアに必須の言語

 

フロントエンドエンジニアに必要な言語

 

HTML/CSSのマークアップ言語とJavaScript(jQuery)を主に扱います。

この3言語はWebの三大言語として有名です。

 

少し前からワードプレス(WordPress)というPHP言語で開発されたブログソフトウエアを扱うことも増えてきているのでPHPの基礎的なことが分かることを好まれる会社も増えてきています。

が、基本的にはHTML/CSSとJavaScriptを理解できていれば未経験転職では十分です。

 

サーバーサイドエンジニアに必要な言語

 

Ruby/PHP/SQRなどを活用して開発を行います。

難しい言語でもあるので学習には時間がかかります。

 

Webアプリケーションエンジニアに必要な言語

 

HTML/CSSのマークアップ言語とJavaScript/Ruby/PHP/Pythonなどが挙げられます。

JavaScriptは基礎でもあるプログラミング言語ですので学習すべきですが、Ruby/PHP/Pythonすべて扱えなくてもまず手始めに1つから学ぶことをお勧めします。

個人的には業界の需要をみてRubyはまだまだ流行りがすたりませんし、鉄板なのはPHPです。

アプリケーション開発については専門ではないので詳しくはこれから紹介するプログラミングスクールにて専門家に質問することも可能ですので、まずは自分がWeb制作でどのポジションの仕事に興味があるのかが分かれば十分です。

 

転職保証ありのおすすめプログラミングスクール3選

長々書きましたがここからWebエンジニアへの転職を目的としたプログラミング学習が可能なお勧めのプログラミングスクールを紹介します。

 

  1. TechAcademy:オンライン型スクール【1週間無料体験あり】
  2. テックキャンプ:通学型&オンライン型両立【転職できなければ全額返金】
  3. CodeCampGATE:オンライン型スクール【無料相談で1万円割引クーポンもらえる】

 

この3校です。プログラミングスクールでも転職保証のついているスクールは就職するためのサポートや企業紹介などもあり、どのスクールもほぼ確実に転職成功をされています。

また転職がスクールで決められた期間内に決まらなければ全額返金保証などの転職保証もありますが90%以上の方が転職成功されているので自分が転職したい意思があればほぼ確実に転職できるサポートがあります。

仮に失敗したとしても学んだスキルは一生ものです。

 

この3校でどこが一番いいのかとはとくにありません。どのスクールも現役のエンジニアの方が教えてくださるので受講レベルについては差はほとんどないでしょう。

ただそれぞれのスクールにカラーがあるのと、Web制作に使う言語が学びたいのか、Webアプリに使う言語が学びたいのかでお勧めするスクールが違いますので詳しく書いていきます。

 

Web系・アプリ系どのコースが学べるのか?

スクールの特色
Web系とアプリ系どちらもあるスクール

 

Web制作系とアプリ系のどちらのコースもあるのがTechAcademyとテックキャンプです。

この2つで選ぶポイントはTechAcademyは完全オンライン型ですのでスクールに通いたくない、または通えない地方の方にお勧めで、テックキャンプは渋谷、大阪、名古屋、福岡にあるスクールに通学するタイプです。(現在新型コロナウイルスの関係でオンライン型学習が取り込まれました)

現在どちらもオンライン型がありますので、通い型の方かオンライン化で選びたいならテックキャンプ、完全オンラインならTechAcademyですね。

 

またTechAcademyには1週間無料の体験コースがありますのでプログラミングってどんなのかまずは手始めに体験したい方はお手頃です。

テックキャンプは転職保証が受けられるので本気でWebエンジニアに転職したいのであれば価値のあるサポートが受けられます。

 

Web系に特化したスクール

 

CodeCampGATEはアプリ系の言語は学べませんが1つのカリキュラムにフロントエンドとサーバーサイドのWeb制作全般をひとまとめに受けられますのでフロントエンドかサーバーサイドかで少し悩んでいる方ならCodeCampGATEでどちらも学んでから好きな方を選択できます。

またCodeCampGATEは現在キャンペーンで受講についての無料相談を受けることで1万円分の割引クーポンが貰えます。少しでもコストを抑えたい方にお勧めです。

ただこのクーポンは今だけのキャンペーンなので予告なく終了することもありますので気になる方は早めに受講について相談してみましょう。

 

どのスクールもまずは無料の相談やカウンセリングを実施していますので少しでも気になる方はそれぞれの公式サイトより気軽に質問してみましょう。

 

 

本記事で紹介しているお勧めプログラミングスクール【無料あり】

  1. TechAcademy:オンライン型【1週間無料体験あり】Web系&アプリ系OK
  2. テックキャンプ:通学型&オンライン型両立【転職できなければ全額返金】Web系&アプリ系OK
  3. CodeCampGATE:オンライン型・Web系に特化※受講相談で1万円割引クーポンもらえる