職歴不安な25~30代に勧める転職エージェント【実際使った経験あり】

29歳で職歴1年未満だけど利用してみてよかった転職エージェントをまとめています。

就活がうまくいっていない20代後半からの方で学歴や職歴をネックに思っている方、また前職がブラックだったり仕事内容が合わないなどで早期離職してしまってこれを機に違う職種に進むのもありかなとは考えているけどどんな仕事が良いのかも分からないなという方にお勧めします。

若者向けというよりは20代後半から30歳代に勧める転職エージェントです。

 

既卒や第二新卒に当たる27歳以下の方でしたらブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】で紹介している転職エージェントを使うほうが有利です。

リンク先の記事では29歳以下でしたらエージェント利用はできますが、若者向けですので28歳を超えてしまっているのであれば本記事で紹介している転職エージェントの方を推奨します。

 

 

本記事で紹介しているエージェントを勧める人はこんな人

 

 

  1. 社会人経験はあるが1年未満
  2. 2~3年とブランクがある
  3. 年齢が20代後半~30歳代になってしまった

 

就活成功で年齢や経歴よりももっと大事なこと

今ある自分を認める

私は海外でも働いていたことがあるのですが、欧米や欧州文化が基づいている国って年齢や顔による審査が一切ありません。

日本って言ってしまえば能力よりも、年齢が若いことで扱いやすいか、会社でどれくらい経歴を積んだか、人間性が会社のメンバーとマッチするか、もっと差別的なことを言うと美人かイケメンかというのは結構大きく影響しているなと感じます。

 

経歴は良いとして年齢に比例する能力があるかという差別が根強いです。

 

とはいえこれを気にしていてはその穴から抜け出せない。

就活で自分の今の状態や経歴などに落ち込んで何もしないのでは本当にただ何もない生活が始まるだけです。

 

就活で何よりも大事なのはまず自分から動き出すことです。

年齢差別だとかいろいろありますが行動した者はそんな不安がなくなります。

エージェントに相談しに行く、とにかくどこかに応募してみるなどアクションを取ることで年齢が何才だろうが経歴が不安だろうがどこかの会社に入ることはできます。

多少選べる立場ではなくなっているかもしれないですが、逆に今の自分でも受けられる会社がまだまだあるということはチャンスが転がっていることでもあります。

 

可能性のある部分にまずは目を向けて就活すればそんなに難しいことではないです。

 

ただ闇雲に就活しても就職活動ってうまくいかないなという現実にぶち当たりました。大体が転職サイトで見つけた会社に自分で応募している方に多いように思いますし自分自身もそうでした。

行動でも空回りしないための就活をしたいなら転職エージェントなどのアドバイザーと一緒に就活するって大きなメリットになります。

 

職歴不安なアラサーが転職エージェントを利用してみて分かったこと

自分を知るということ

私は日本での職歴は1年未満、そしてブランクは2年以上で年齢も28(満29歳)となる年に転職エージェントを利用してみたのですが、よかったと思えることがいくつかあります。

 

まず転職エージェントを利用することで自分の今の状況で受けられる業界を知れる、つまり就活でどの企業なら入りやすいかの基準を知れるのが大きなメリットです。

就活でうまくいかない人って大体が自分の身の丈にあっていない職種や業界に挑んでいる場合に起こります。

 

例えばほぼ業界未経験だけどITエンジニアの仕事を28歳で探すのは骨が折れます。が、未経験からでも営業や事務、オペレーターの仕事ならスムーズに紹介できますよと言われて自分の今の就職における価値って営業や事務などの分野が適しているんだなと理解できます。

IT企業でもジムの死後や営業の部署があります。エンジニアにはなりたいけどとりあえず業界に飛び込んでみるという考え方も大事ですね。

異業種であっても会社内での異動でしたら空きがあれば経験なしでも割とスムーズにできる場合もありますのでなりたい職業があるけどなかなか就活がうまくいかないのであれば『その職種は今の自分ではハードルが高い』ということを認識して、『まずは業界に飛び込んでみる』と選択の方向を変えてみましょう。

 

こういった今の自分が入りやすい職種を把握するためにも転職エージェントを利用するのって良いと思います。

 

いい意味でも現実を知れるので、諦めが付きますし、もっと楽に就職できる方法を知れることでもありますので。

エージェントが紹介してきた職種がどうしてもやりたくない場合は、自分が希望する職種に自分のレベルが達していない前提で就活しなければならないということを知れるきっかけでもありますのでそこから自分なりに対策などできるはずです。

例えば何か資格を取るとか、行きたい業種のスキルを身に付けるなど。

 

エージェントを利用するのに価値があるのはまずは自分が今どの職種ならスムーズに就職できるのかというのと知るためでもあり、職種にはこだわらないのでとにかく自分に合う仕事や職場で働きたいという方でも適正検査やカウンセリングを行って仕事を紹介されるので相性の良い会社に入りやすいです。

 

転職エージェントを利用するメリットは仕事を見つけられる以外にも自分が受けられる業界や職種の幅を知れるところでもあるので、就活がうまくいかない、またはどんな仕事が自分に向いているのかと悩んでいるなら、まず自分が受けられる企業について知ることはとても重要です。

 

【実録あり】職歴不安なアラサーにお勧めの転職エージェントを紹介

頼もしいサポーター

職歴1年未満のアラサーの私が利用してよかった転職エージェントや、職歴不問でも優良企業を紹介してくれる転職エージェントについて紹介していきます。

 

とにもかくにも就活でまずすべきなのは行動です。ただ闇雲に行動してはゴールが遠のきますので転職アドバイザーにしっかり相談して今の自分について知っていくこと。そこから就活への方向性も見えてきますのでまずは自分が利用してみたいと思える転職エージェントに相談してみましょう。

 

経験が浅くても転職のフォローが手厚い【マイナビエージェント】

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20~30代の転職に強い転職エージェントで経歴が浅くても徹底してフォローしてくれました。

 

求人は中小やベンチャーが多めです。

他のエージェントに比べて対応が早く、サポート熱心な印象がありましたし職務経歴書や履歴書について丁寧なアドバイスをくれました。

書類選考がうまくいかない、面接が不安な方や、転職活動がうまくいかなくて挫折しそうな方にとっては元気も希望ももらえるのでお勧めです。

 

初めての転職や、書類の書き方、面接が不安な人におすすめな転職エージェントです。

 

 

職歴ありならどんな人でも仕事を紹介してくれる【doda】

doda

doda(デューダ)は日本でも有名な大手転職エージェントですが何よりもキャリアアドバイザーの質がとても良かったです。

可能性をしっかり見据えてくれて、自分に合った仕事を紹介してくれるのと無理強いで就職させようという感じがなくあくまで提案としてサポートをしてもらえるので、自分が主体で考えて行動できるなと感じたエージェントでした。

 

またdodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人なので実際に足を運んで相談してみたら自分が希望する働き方(残業がない会社や休みが125日あるところ、昇給が期待できる会社など)ができる会社をいくつか紹介してもらえたので希望が湧きました。

 

会社に勤めていた経験はあるけどすぐに辞めてしまって困っている、年齢も20代後半~30代になってしまったという方は一度相談してみましょう。

まずは会員登録をしてみて、登録後に見れる求人を探るなり、今では電話でエージェント相談も可能ですので日程予約をして電話で気軽に相談してみましょう。

 

 

求人数は日本No.1!幅広い業種を見たいなら【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本の転職業界でも保有している企業がNo.1ですので他のエージェントではなかった仕事や待遇の会社を見つけることができます。

職歴がなかったフリーター時代の24歳の時と、職歴1年しかなかった29歳になる時も仕事を紹介してもらえ、2社ほど内定に繋げてもらえた経験もあります。

転職サイトの『リクナビNEXT』よりお勧めです。

仕事情報を一人で探したいときは『リクナビNEXT』で探していましたが公開求人ですのでライバルも多く書類選考がなかなか通過しなかったのでリクルートエージェントに切り替えてエージェントから紹介してもらえる非公開求人を受けてみてよかったです。

 

 

ブランクありでも未経験から正社員に転職【reフレッシュ転職】

reフレッシュ転職

reフレッシュ転職はまだ新しい転職エージェントではあるのですが、特に29歳までの方で未経験から正社員を目指している方にお勧めです。ちなみに職歴なしでも29歳までならOKです。

 

元事務員だったけど退職ししばらくブランクがあった方でもITエンジニアに転職された方など空白期間や異業種への転職でも成功例が多いです。

他にも高校や大学を中退してずっとフリーターをしていて社会人経験がなかったけど正社員として販売員のスタッフに転職された方などもいます。

詳しくはreフレッシュ転職公式サイトより確認できます。

 

30歳代でも経歴などによっては利用できますのでまずは相談してみるのが一番でしょう。

 

またreフレッシュ転職の大きな売りはreフレッシュ転職経由からの転職成功で最大5万円の就職お祝い金がもらえることです。

 

reフレッシュ転職は裏の顔で弁護士対応の退職代行サービスも行っているブラック企業やパワハラに悩む若者を救いたいという理念も持っており、保有している会社も新人研修がしっかりしている、有給消化率100%、入社1年目で年収500万円が狙える優良企業などホワイト企業を紹介しているので案リンして利用できます。

対応地域も全国にあり、無料で利用できますのでまずは面談を受けてみて案件を紹介してもらいましょう。

 

 

お勧めの転職サイト

おすすめな転職サイトは「求人数が多い」「手軽に使える」「ほかには無い求人がある」という基準で選びました。

転職サイトは登録者のみが得られる「非公開求人」をメインに見るのがおすすめです。

 

転職サイトは数多くありますが、全部使うと会員登録がめんどくさい上に求人の被りが多く、DMも大量に来るので、下記の転職サイトに登録するだけで充分です。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイトの『リクナビNEXT』には「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。

リクナビNEXTは他の転職サイトと違って経歴書に転職サイトのロゴが入らないのでおすすめです。ワードとエクセルへ出力できるので制作した履歴書をそのまま使えるので重宝します。

 

最大手の転職サイトとあって、新着求人数は毎週1,000件を超えてくるので、見飽きることはないです。

 

求人が多すぎて逆に大変だという方h「スカウト機能」の利用がお勧めです。

DMから非公開求人のスカウトを受け取り、リクナビNEXTのサイト上で「人気求人ランキング」を見ると自分と相性のいい企業や優良企業のみに厳選できるので探しやすいです。

求人の数が多いだけあって、稀に良い求人を発見できます。

 

 

休みが少なくて転職する時間がないなら『ミイダス』

ミイダス

転職しようにもそのための時間がないのであれば『ミイダス』を利用してみましょう。

 

ミイダスは登録するだけで企業側から自分を探してくれオファーをもらえる転職の仕方が可能な無料転職アプリです。

自分から探さない、エージェントに来社不要。『登録だけで後は待つだけ』です。

オファーが来た企業の中で気になる会社があればそのまま書類審査や面接に進める転職法なので、まずは気楽に転職を始めたいという方にもお勧めです。

 

またミイダスは今の職歴やスキルからあなたの市場価値を無料診断してくれます。

ただプロフィールを埋めて行くだけですので3~5分程度で診断は終わります。

市場価値診断ならミイダス!

 

市場価値とは自分の学歴や職歴、現在のスキルなどからどれくらいの求人オファーがもらえ、また自分と類似している経歴やスキルのユーザーの平均年収を知れるので、自分を受け入れてくれる優良企業がこんなにあって、今の給料よりも確実にUPするじゃんと現状と比較することができます。

 

ちなみに私の結果はこれでした。

ミイダスで自分の最高月収を診断

私の経歴やスキルを求めている企業は3000社以上で、自分と同じ年齢で同じ経歴やスキルで同職系の仕事をしている方で年収600万円を超えて働いている方がいることがわかりました。

 

当時の自分の年収の倍以上でした…。どんだけ自分給料も休みも少なかったんだろう。

私は転職して年収が倍にまではなりませんでしたが100万円程はUPしました。

 

ミイダスは企業から自分を見つけてくれて、気になる企業があれば面接は確定しているので書類選考などの無駄な手順がめんどくさい方や、転職エージェントに頼っていられないという方はミイダスが一番おすすめです。

 

まだ転職が乗り気ではなくともプロフィールだけでも登録しておくだけでもOKです。まずは自分の市場価値や自分を待っている企業がどれほどあるのかを知るだけでも前に進めます。

 

登録・利用全て無料のアプリですのでまずは『市場価値診断ならミイダス!』をしてみましょう。

 

 

転職エージェントを使うメリットは大きい

企業サイトから直接応募したほうが採用率が高いとか一人でマイペースに就活した方が気楽だとかありますが、その反面デメリットもあります。

企業サイトからの直接応募であっても、転職サイトや転職エージェントでも「採用されるかどうか」は経歴の中身次第なので通過率は変わらないですし、一人で就活していた時は面接に行ったら求人内容との差異があったり、実際に会社に訪問してみないと相性が分からないということで時間と労力と交通費をただただ消費する転職活動になっていました。

 

担当のエージェントを付けることである程度絞られた中から仕事を受けることで企業とのマッチング率も上がりますし、就活にかける時間も減ります。

良い求人紹介を得られることもありますが、中にはそうではなくエージェント側の売り上げのために仕事を紹介されるケースもあります。

転職エージェントは会社というより人次第なので「この担当ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてください。相性の悪いエージェントを利用しても時間の無駄でしかないです。

 

転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価してもらえるので、転職サイトや転職エージェントをうまく使いこなして、良い転職をしましょう。

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】