【うつ病ニートの就活】就活がうまくいかず長期間無職の人に勧める就職支援

うつ病を患っている方で現在無職で仕事を探しているけど就活がうまくいかない方、また転職も多く10~20も転職を繰り返していて疲れている方に向けた就職支援についての記事になっています。

 

仕事がなかなか決まらないのは本当に落ち込みますし、経済力がないと成果靴に直面し生きることが困窮化してしまう。

だけど何をやってもうまくいかない、続かないと落ち込んでふさぎ込んでしまっているなら、その今している就活をいったんやめて別のやり方で就活をしてみたはどうかという提案を書いています。

 

私はうつ病ではありませんが不安障害で仕事をしてても突然やってくる不安な気持ちで感情がコントロールできず仕事に支障が出たり、眠れなくなって体調を崩したりと働くにあたりかなりつらいことがあるのですが、仕事探しの段階でもこういったメンタル面って大きく影響が出てしまい一時は2年ほど無職だった時もありました。

 

自分にとってつらい就職活動をしてもうまくいきませんし、仮に仕事先が見つかったとしても続かない可能性が出てきます。

まず、仕事を探すことも大事ではありますが長く働くための会社を探すために対策をしていくことが、うつ病で職を転々としてしまっていている人がとる課題です。

 

自分が持つ病気に理解のないエージェントを利用したり、うつ病であることを押し殺して就活しても長い目で見ればつらいことになります。

うつ病の方がちゃんと仕事を見つけられ長く続けられる就活の仕方として参考にしていただけたらと思います。

 

うつ病の人は一般の就活はすべきではない

無理はしない

うつ病の人や精神疾患のある方がハロワや一般の転職エージェントを利用して就活してもつらいだけです。

まず病気に理解のある受け入れ先でないと、負荷の大きい仕事やコミュニケーションを虐げられ、せっかく就けた会社だからと無理が生じたり、職場での病気の無理解や隠して働くのは想像以上にきついです。

結果的に辞めてしまうことも多いです。

 

また就職するまでも、就活の段階でもハードルが高く感じてしまいなかなか就職がうまくいかない。

これって自分に合う会社を紹介してもらえていないのと、自分の病気に対する気持ちと働かないといけないという気持ちに整理できておらず納得のいかない就活になっている可能性が大きいです。

 

うつ病で不安で胸の内側から大きな黒い塊のようなものがどんどん大きくなって感情がコントロールできない時だってあるし、全く何も手に付けられないほど無気力になってしまう時もある。

うつを理解していない人ってこれをさぼっていると捉えがちですが本人からすると本当に辛いことです。

 

理解なくて働くことは地獄と同じです。病気で常にしんどい状態であるのに自分をさらに追い詰めるつらい状況に行く必要ってないという考えです。

自分の病気と今向き合っていて仕事もしないといけないと踏ん張りたいけどうまくいかないのであればそれをしっかりと理解してくれてサポートを受けられるところに相談するのが一番良い方法かと思います。

 

自分がつらくなる就活はする必要はありません。

 

うつ病であることを責めない・可能性がないと考えない

自分で自分を責めないで

ニートで鬱を患っているけど働きたい、働かないといけないとでいろいろ考えてしまったり調べたりしてしまいますが、こういう人は就職できないだとか、自分と同じうつ病の方でも仕事をしている人とかと比べて今自分が無職でいることを責めてしまったり、うつ病で不通に働けないことで働く可能性を見失っているのなら、その考えは間違っています。

 

自分以外の人と比べる必要はないし、可能性を自ら消すなんてことはしないでほしい。

 

世の中にはいろんな働き方がありますしその人個人の『普通』のイメージって全く違います。

うつ病である自分にとっての『普通』の働き方ができる会社を探すことは可能です。

普通は自分基準でいい。無理に自分の体に鞭を打ってまで働く必要はないです。

 

今の自分ができることをまず見つけてその業務を全うする。

あれもこれもといろいろ考えて、またこれもできないあれもダメだと追い詰めていると行き詰ってしまいます。できないことは切り捨てていかないと、健康なメンタルの方でも病んでしまいます。

ほんの少しでもできることがあるならそこだけをまずは誉めて活かしてあげること。

 

できないことを責めていたら健康な人であってもきりがありません。

人はできないことの方が多いのです。社会ではそのできないことを誰かが補って、また自分も誰かができないことを補っているのです。

 

うつ病って考えすぎな方やまじめな方が発症しやすい病気だと言われている通り、完璧主義な責任感をもう少し軽くしていきましょう。

 

そのためにはうつ病や精神疾患などの事情を理解してもらえる会社であることと、自分自身も長く働けるようにうつ病と働くことの姿勢をいったん整理してみる必要があります。

うつ病に理解のあるプロのキャリアアドバイザーに相談すること、そしてうつ症状専門のカリキュラムや同じ症状と同じ目標を持つ仲間と悩みや解決策の情報共有ができる就職支援を利用してうつ病だけど就職し長く働いている方はたくさんいるのでその紹介をしたいと思います。

 

うつ病の方に勧める就職支援

うつ病の方や障害や病気を持っていてなかなか就職がうまくいかない方に向けた就職支援があります。

これらで受けられる支援は『働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポート』『就職後も安定して長く働ける会社探し』『人とのコミュニケーションで生じるストレスを改善に向けてトレーニング』など仕事をするうえで不安に思っていることを改善し、うつ病でも長く働ける会社に就職できるまでサポートしてもらえます。

 

今までずっと就活していたけどうまくいかなかったり、生活の乱れで社会復帰が難しい、人とのコミュニケーションがストレス、仕事が続くのか不安など様々な悩みをひとつずつ解決していくための支援です。

 

こういった疾患者のための就職支援を利用して長い間引きこもっていたけど、働けるようになった方や精神病に理解のある会社に就けたことで周りの理解もあって続けられている方などたくさんいます。

 

うつ病で今現在ニートであるけど社会復帰がしたい方は以下からの就職支援をまずは利用してみてはいかがでしょう。

 

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

シゴトライ
運営会社 株式会社ゼネラルパートナーズ
年齢 18歳~60歳
対応地域 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県
ここが良い ・就職後の職場定着率も90%
・プロのキャリアアドバイザーから内定までサポート
・うつ症状専門のカリキュラムを用意
・同じ症状と同じ目標を持つ仲間と悩みや解決策の情報共有ができる
・長期就労に必要なスキルや症状への対処法を身に付けることができる
費用 収入の状況により、無料でご利用頂ける場合と自己負担が発生する場合があります。
当事業所では利用者の9割以上の方は無料で利用できていますが詳しくはお問い合わせください。
公式サイト うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

シゴトライはうつ症状のある方でこんな方にお勧めです。

 

こんな人にお勧め

 

  1. ずっと就職活動をしているが、うまくいかない
  2. 就職しても、安定して長く働けるか不安がある
  3. 職場でのコミュニケーションにストレスを感じてしまう
  4. 生活リズムが乱れがち
  5. PCスキルに不安がある

 

シゴトライではうつ病の方が長く会社で働くためのうつ症状専門のカリキュラムを用意しており、カリキュラムも基本的なビジネスマナー、エクセルやWordなどのパソコン操作の講座やいきなり就職することが不安な方は、入社前に実際の企業へ出社し、通勤や業務訓練などの実習を一定期間行う実習制度など受けることができます。

また、同じ症状と同じ目標を持つ仲間と悩みや解決策の情報共有ができるため安心ですし、支援サービスを最後まで仲間と取り組み就職される方も多いです。

シゴトライで就職を決められた方は就職後の職場定着率も90%と高い実績があり、ブランクが長年あった方でも内定が決まり長く働いています。

 

シゴトライでの支援は週3~5日(平日)に東京(秋葉原)と大阪(梅田)にある会社に通所可能な方が対象です。

 

いきなり仕事に就くのが不安な方、スキルを付けたい方や、長期ブランクがあって就活に挑めない方などにもうつ病の理解をもって研修を受けられます。

まずは見学を受けてみて納得してから支援を受けるなり一歩踏み出してみてはいかがでしょう。

 

 

 

Cocorport

Cocorport
運営会社 株式会社ココルポート
年齢 18歳~65歳未満
対応地域 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、福岡
ここが良い ・就職後の職場定着率も80%
・90種類以上の多種多様なプログラムを提供
・うつ症状専門のカリキュラムを用意
・社会経験豊富なスタッフ
・通所交通費・ランチを助成
費用 ご本人または配偶者の前年度所得に応じて、利用料(1割負担)がかかる場合がありますが、
現在9割以上の方に自己負担なく利用されています。
公式サイト 仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)

Cocorport(ココルポート)はうつ病の方でも一般就労等を目指す方に向けた就職支援です。

働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートに至っては社会経験豊富なスタッフが付いてくれます。

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供していて、特に就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

プログラムに至っては就職のためだけではなく生活習慣の改善もできるため働く前に生活の悩みを克服できます。

 

具体的なサービス内容については就労移行支援のCocorport公式サイトをご確認ください。

 

利用者もうつ病患者だけでなく、統合失調症、双極性障害、強迫性障害、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、知的障害、身体障害、 など様々な障害のある方が利用ししっかりとスキルやビジネスマナーを身に付けて就職先を決めて働けています。

 

またいきなりフルタイムで週に5日も通う必要はなく、週に1日だけ、それも午前か午後のみだけでも利用OKなのでまずは自分の生活を少しづつ改善したい方にもお勧めです。

 

パソコンスキルやストレス耐性、コミュニケーション能力など基本的な就職スキルを身に付けられるので、気になる方はまずは見学に行ってみましょう。

 

 

 

うつ病の方のための就職支援を受けてみて

病気を認めながら働ける環境

就職支援でもその支援機関によってサポートは様々です。

自分の今の状態で就活していてもなかなかうまくいかなかったり、また精神疾患がある人は支援対象外としているエージェントもあります。

そうなってくるとうつ病を隠しながら就活しないといけなくなり、自分を偽って無理をし続けるとどこかで壊れてしまいます。

無理をしてでも就活はするものではなく、まず自分が働くために必要なこと、改善すべきことを支援してくれる機関に頼ることは本当に重要です。

 

またうつ病は数週間数か月の短期間で治るような病気ではありません。中には何年も苦しんだいる方もいます。

そういった病気であるのに就活期間にうつ病を克服させるなんてことは無理です。病気を自分でも認め、焦って克服しようとしないこと。

そして周りからの理解がある会社や環境で働けることの方が仕事も続きます。

 

自分を偽って就職しても鬱が悪化したり、仕事を早期離職してしまう結果にもなりますので、自分の今の状態に合う就職活動をしていきましょう。

うつ病で長年引きこもっていたとしてもしっかりと社会復帰できた方はたくさんいます。年齢や職歴、そして病気を気にして動けないのなら専門機関にまずは頼ってみましょう。

うつ病でもずっと家にいて引きこもっているほうが病気が悪化して本当にしんどいです。社会的な役割って自分の存在意義にも直結するので働くことって健康になれるきっかけでもあります。

 

まずは自分ができることから始めてみましょう。