【美大生卒ニート→Web業界へ転職】美大からWebデザイナーになりたい人へ【デザイン学科じゃなくても目指せます】

美大で特にデザインやグラフィック系の学科を専攻しているわけではないけどWebデザインの仕事に興味があるという方に向けた記事となっています。

 

結論を先に言いますと、デザインのスキルがそこまでなくてもWebデザイナーにはなれますしグラフィックデザイナーなどの紙媒体や映像系のデザイナーなどに比べたらWebデザイナーって就職するハードルが低いです。

グラフィックデザイナーに比べて割と簡単に就職できる職種ではあるのですが、Web業界ってまだまだ成長段階の需要が高い職業なのに人材不足でもあるのでかなり穴場なデザイン業です。

 

美大生でもグラフィックやデザイン学部でない美大生にとったらデザインに対してそこまで精通していないのでWebデザインと聞くともしかしたら門違いなのか?と感じると思いますが、Webデザイナーになるのは美大のどの学部であろうとそこまで難しくありません。

デザイン学科の人たちはWeb業界でデザイナーになるのはスムーズですが、それ以外のプロダクトや、造形学科、映像学科、日本画、油画などを専攻している人たちでも十分に目指せる職種であると思います。

 

私は美大で造形学科でありましたが今はWeb制作会社でエンジニアをしています。

私なんて美大を出てデザイナーではなくエンジニアになってしまったのですから、それに比べればデザイナーになるのは簡単です。

私も最初はWebデザイナーになるつもりだったのですがプログラミングの方が性に合っていたのでエンジニア職を選びました。

美大卒生のWebエンジニアではあるが職場にいるWebデザイナーさんとも密接にかかわって仕事をしますのでそれなりに説得力のあるお話しができます。

 

最近では美大出身からWebデザイナーに転職してくる方が結構増えてきているなと感じましたので私が知っている美大・芸大空のWebデザイナーになられた方についてや、Webデザイナーってどんな仕事なのかなど書いていきます。

 

本記事を勧める人

 

  1. 現役の美大・芸大生でWebデザイナーを目指している
  2. 美大・芸大をすでに卒業しているが今からWebデザイナーになりたい
  3. Photoshopil・lustratorの基本操作はできる
  4. デザイン学科ではなかったけどデザイナーに興味がある
  5. ポートフォリオがデザインやWeb業界向けのものではなく悩んでいる

 

 

 

Webデザイナーってどんな仕事?

簡単に言いますとWebサイトの見た目をデザインするお仕事です。

サイトのデザインといってもロゴ制作や広告デザイン、フォントを考える事もありますし、見た目としてのデザインだけでなくサイトをクリックした時に動きを見せたい場合もデザイナーさんは企画します。

サイトの動的な見せ方についてはエンジニアの方と一緒に相談しつつ制作しますが、ホームページの印象を作る仕事でありますのでとても重要な仕事です。

 

あと、サイトのデザインってかなり細かいです。

デザインで気にすべき事として色彩や装飾、揃える事などももちろん重要ですが、紙媒体でのデザインにはないのがデバイスによってデザインを変えなければならない点でしょうか。

 

Youtubeなんていいお手本ですが、デスクトップパソコンで見たときと、タブレットで見たときと、スマホで見たときとでコンテンツの配置が大きく変わります。

このサイトもブラウザの幅を変えていただければわかりますが、幅によってバツンとコンテンツの配置が変わったり、見えていたものが展開型になったりとしています。

 

サイトを訪問するデバイスの画面幅によってユーザーが見やすいデザインを手掛けるのでWebサイトの設計図を描く人って感じですね。

 

デザイン知識以外にも必要な知識とスキル

ただデザインするのはWebデザイナーではありますがそれを組み立てて形にするのがWebエンジニア、私がしている仕事になります。

ちなみに正しくはフロントエンドエンジニアと言います。

 

エンジニアからの目線で言いますと、たまにデザインされたものをWeb上で再現するのが難しいものもあり、Webデザイナーもしっかりとサイトを組み立てる側の知識を持っていないといけない仕事ではあります。

 

例えば文字に下線を引いているデザインがあったとしてその文字と下線との隙間が5pxに想定して作ってみたが、実際のWebサイトのフォントでみて見ると思っていたよりも隙間が狭く10pxにまで隙間を広げたりなどの微調整をすることになるのは毎度の事です。

こういった微調整はよくあることですしデザイン通りに作るのはエンジニアの腕の見せ所でもあるのですが、デザイナーのこだわりをうまく再現できずどこかで妥協してもらう事も多々あります。

厳密な再現不可なことってあるアルだったりします。

 

理由としてはデザインソフトでデザインを作ったものと現実のWebサイトでは表現の差異がたくさんあるという事です。

作ってみたらデザインの見た目が変わって見える事は本当によくあることで、また物理的に再現が無理というデザインもありますので、デザイナー側も実際にWebサイトを組み立てる場合このデザインは再現できるのかという判断ができるための、多少のコーディングやプログラミングの知識は必要となってきます。

 

とはいえこれらの知識をあらかじめ持って入社してくる新人のデザイナーさんはほとんどいません。

 

新卒や既卒などでWebデザイナーを目指しているなら、Web会社にまずは入ってみて仕事をしながらWebのプログラミングの知識をつけて行くことをおすすめします。

 

美大生が評価されるWebデザイナーになるためのスキル

何といってもPhotoshopとillustratorが使える事はWebデザインを目指すなら就活ではとても優遇されます。

使えるといっても基本操作ができれば十分です。

 

ほとんどの一般系の方ってデザインソフトは一切使えないんですよね。

専門学校やデザインスクールに通ってそれなりにソフトを使って何かを作る経験が必要なのですが、美大でPhotoshopやillustratorを使う授業や工程はよくあるのでデザイン学部でなくても大体の学部の方は使いこなせるレベルです。

 

そしてWebデザインの知識は入社してから先輩たちから学んでいかれる方の方が多いです。

学ぶといっても指導があるわけではなく目で見て盗んで、自分のものにしたいり、必要に感じれば参考テキストなどを購入し独学でどんどん学んでいくスタイルです。

美大で作品を作る際に周りのゼミ生と切磋琢磨するような関係と似ているので割と居心地は良いように思います。

 

Webデザインって少し独特なところもありますので、いきなりWebサイトのデザイン担当になるこてゃまずないですが、最初は切り抜き作業とか加工作業などの雑務が多いです。

この期間だけでもデザインソフトの使い方はかなり上達しますのでソフト触れるけどそこまで自信が無い方でも、興味があるなら業界に踏み入って欲しいと思います。

 

美大で教わるデザインの知識は標準的な一般知識ではありますが、WebデザインにはWebデザインなりのデザインルールがあります。

が、造形学科卒の私もWeb業界に入る前に少し勉強しましたが、だいたいの事は知っていたことですし、感覚的にわかってしまうというのが感想でした。

 

ただ学生時代に思っていたデザインとのギャップは、やはり作品制作ではないので顧客の要望に沿ったデザインを制作しなければなりません。使う素材やフォントデザイン、ある程度のイメージなどが決まっているので好き勝手にデザインができるわけではありません。

依頼された内容に沿ってデザイナーとして表現できるスキルを身に付けないといけないので、デザインはアートだと考えている人には不向きかもしれません。

 

デザインの仕事は自分の思い通り作れる仕事ではなく、クライアントの求めるイメージを代替して表現するお仕事です。

 

デザイン関係の事は学んでこなかったけど採用される?

これに関してはYESです。

というかそもそも美大出身でなくてもPhotoshopとillustratorの基本操作ができれば歓迎採用してくれるWeb制作会社は本当に多いです。

 

私の知り合いで美大出身で未経験からWebデザイナーになれた方は美大の油絵学部、版画学部、漫画学部の方がいました。

もちろんデザイン学科の方もおられましたが、美大以外にも美容系の専門学校を出たのにWebデザイナーになられた方もしましたし、音楽関係から転職した方や、職業訓練校からWebデザインの仕事を手にした方もいます。

 

美大どころかデザインやアートなどに一切関係なかったバックグラウンドをお持ちの方でもWebデザイナーとして働いている方も多いので、むしろ美大に通っていたならその方たちよりも優遇されるスキルや知識はたくさん持っています。

 

デザイン学部ではない人がWebデザイナーを目指すときに注意すべき点

絵画やプロダクト、テキスタイル、版画、などデザインとは言えない分野の学部の人に向けた内容です。

 

注意すべき点は2つ圧のですが、ポートフォリオがデザイン向けではないので説得力に欠けることと、もう一つは『デザイン=アート』と勘違いしていることです。

 

ポートフォリオの見せ方

デザイン関係を目指したいけど大学で培ってきたのは工芸とか古美術系の事だとポートフォリオに説得力がなくなるから書類で落とされる。

という方に伝えたい事ですが、作品の内容も重要ですがポートフォリオを綺麗に見せるための作り方にこだわってください。

 

もちろんデザインを学生時代に学んできたなら業界人にとっては欲しい人材には一歩近づきますが、そうでないなら学生の頃は制作を熱心にしていたがWebデザイナーとして役立つスキルをある程度持っていることが分かる内容にしてみましょう。

デザイナーとして応募したいのであればポートフォリオの作り方がとても重要になってきます。

 

本でも中身は挿絵と文字だけですが、ブックカバーのデザインは購買意欲を掻き立てるもので、見出しのフォントサイズなど読み手が見やすいようにデザインされています。

いろんなところにデザインのスキルは見せることができるという事です。

 

作品ももちろん見て欲しいものではありますが、そのポートフォリオを自分のWebサイトだと思って中身の作品内容をどう見せるかという事を考えてみましょう。

そろえるところはそろえる、タイトルと作品の配置の仕方、フォントの種類など、ポートフォリオの作り方でデザインにも興味があるのかと判断する材料にもなります。

 

詰め込む作品も大事ですが、デザイナーとして説得力のある作品がない場合はポートフォリオの作り方にこだわりましょう。

少なくとも見せ方でPhotoshopやillustratorの基本操作ができる事や、基本的なデザイン知識があると判断できる造りになっていれば就職にとても強いポートフォリオになります。

 

デザインはアートではない

美大生でもデザイン学部ではない学生がデザイン職を目指す時に一番葛藤するのがデザインとアートをごちゃまぜに考えている点です。

まずデザインは自分が思ったものを創造できる仕事ではありません。

 

クライアント(顧客)が求めるデザインを代行して形にする仕事であり、自分のセンスや作りたいものを表現する仕事ではないです。

 

他にもアート的観点から見ると面白い見せ方として評価されることでも、デザインでは全く違ってきます。

ユーザー(利用するお客)が一目見ただけで何かわかること、Webサイト内でどうすれば自分が見たいページに行きつくのか、ページ内で迷子にならないこと、どれがボタンなのか、サイトの下までスクロールしてしまったけどすぐに上にあった別ページへのボタンへ行きつきたい!などのストレスをなくすためのデザインでもあります。

 

これがかっこいい!おしゃれだ!と自己表現を前に出せるのがデザインの仕事だと考えているのであればそれはお門違いです。

自分の個性は2の次3の次、もっと言うと押し殺して制作している方も多くいます。

 

デザイン=アートだとか創造に近いからということを期待しすぎると初めのことは大きな葛藤が生まれますのでしっかりとデザインという仕事の目的を考えることは重要です。

 

Webのプログラミングの知識は勉強した方が良いのか?

WebデザイナーはWebサイトを制作するためのマークアップ言語と呼ばれるHTMLとCSSは必須で覚える必要があります。

が、Web制作会社によったら未経験でHTML・CSSなどのWebサイトを制作するためのコーディングスキルがひとまずなくても採用してくれる会社はありますが、どちらにせよ勉強は必須になります。

 

ここでお勧めしたいのがWebデザイナーになるためにカリキュラムを組まれたプログラミングスクールのテックアカデミーで受けられるWebデザインコースです。

 

確実にWebデザイナーになるためにお勧めのプログラミングスクール【TechAcademy

TechAcademy

テックアカデミーは完全オンライン学習のプログラミングスクールですのでパソコンとインターネット環境があればいつでもどこでもレッスンを受けることができます。

 

テックアカデミーのプログラミングスクールは確実にWebデザイナーになりたい方やポートフォリオがデザイン向けでなくてなかなか就活がうまくいかない方にお勧めします。

 

私も版画の作品や、趣味で書いていたデジタルの絵くらいしかポートフォリオに載せらるものがなくかなり就活では苦戦しました。

しかしその紙で制作したポートフォリオをWebサイトをつかったポートフォリオに変えただけで一気に採用率が上がりました。

非公開にしているサイトではあるのですが、少し自分の作品やプログラミングスクールで制作した初々しいWebサイトを公開している私のポートフォリオサイトはこちらになります。(昔に作ったので大したことないものなので見られたくないが)

 

ただ単にWebサイトを自分のポートフォリオサイトとして1つ作りたいなという方にもプログラミングスクールはお勧めですし、テックアカデミーは唯一Webデザイナーになるための厳選されたカリキュラムが受けられます。

他のプログラミングスクールではWebデザインの基礎学習はなく、Webデザイナーにとっては不要なゴリゴリのプログラマー向けの言語がカリキュラムに組まれているので目的に沿わないです。

 

就活に向けて紙媒体だけでなくWebサイトで自分のポートフォリオサイトを持っていればほんとに就活への幅もやりやすさも広がりますし、サイトがあればそこから仕事が個人で来ることもあり得ます。

自分だけのサイトなので好きにデザインもできるので、興味がある方はテックアカデミーのプログラミング講座を受けてみましょう。

 

Webデザインコースの料金プラン

 

1か月で学生だと129,000円、社会人(既卒)の方だと149,000円と安くはないですが、これで簡単なサイトが作れるようになり就活もスムーズにいけばいい自己投資です。

Webデザインコースの料金プラン

 

それでも踏み切れないという方はWebデザインのためのコースではないのですが、Webサイトの仕組みやWebデザイナーにも必要となってくるHTML・CSSなどを学べるTechAcademyの無料体験コースが1週間も受けられるので体験を経て検討してみましょう。

 

それよりもそもそもWebデザイナーになるための今の自分に必要なスキルや学習期間についてなど、いろいろ学ぶ前に疑問に思っていることを確認しておきたい方は無料キャリアカウンセリングで誰でもどんな質問でも受けることが可能ですので相談してみましょう。

 

人にもよりますが私はコーディングってなに?HTMLって?と0スタートから学びましたが3週間目くらいから割とすらすら書けるようになりましたし、何より自分のWebサイトがあるってすごくうれしいです。

 

デザイナーとしてはもちろん趣味でアート活動がしたいという方にもインターネットは世界ネットですので誰でもどこでも自分の作品を見てもらえるポートフォリオサイトを持っているのはかなりの強みです。

オンライン学習なので今から自分のポートフォリオサイトを制作したいからはテックアカデミーのWebデザインコースを受けてみましょう。

 

 

Webデザイナーを目指して就活したい人に伝えたい事

自分がデザインの勉強やアートに関して関心があるからそれに特化する業界に興味が湧くのは至極普通の事でもあります。

が、ただ興味がある、面白そう、やってみたい、という個人的な願望で就活してもうまく行かないケースがあります。

 

私がWeb業界に限定して就活をしていて感じたことですが、やりたいとか興味があるというだけでは採用はまずされません。

Webデザイナーになるためにいくつかのスキルや知識があり、『できる事がある』からという考えで就活した方が良いでしょう。

 

よく、美大の人って学んできた学部についてはとても楽しめてはいるけどいざ就職活動となると、何をしたらいいのか、どんな仕事が向いてそうなのか分からないと迷走してしまいます。

 

この理由が『自分がやりたい仕事』を探してしまっているからなんですよね。

基本的にやりたい仕事なんてこの世にはほとんどありません。あればラッキーです!

やりたい仕事ではなく自分ならできる仕事を選びましょう。

 

できる事なら、その仕事がなぜできるのか、スキルをどう活かせるのかという視点から仕事を探せるので、履歴書制作や面接の段階でも『もし自分がこの会社に入っただどんな利益をもたらせるのか、伸びしろがあるのか』などを伝えることができます。

 

興味がある時点で『できそうな仕事』でもあるように思いますので、Webデザイナーとして必須となるデザインソフトの操作やアート環境で学んだ作品を見せる力、あとはあなたの個性を武器にして就活してみましょう。

 

Webデザイナーになりたいのなら利用すべき転職エージェント【卒業生向け】

次に転職エージェントに関してのお話しです。

まずWeb業界に入りたいのであればハローワークや美大の就職科に相談するよりもWeb業界を専門に取り扱っているエージェントに相談すべきです。

 

Web系のエージェントを利用するメリット

 

  1. アドバイザーがしっかりと面接を行ってくれるので自分に合った企業が分かる
  2. 面接の練習・履歴書やポートフォリオ添削をしてくれる
  3. 多くの企業イベントやセミナーに参加できる
  4. 就職後のミスマッチが少ない
  5. ブラック企業が排除されており職場の雰囲気も知ることができる
  6. 全てのサービスが無料で利用できる

 

 

基本的に転職エージェントは卒業生である既卒や第二新卒からの利用がメインですので現在美大生であるならクリエイティブ職に強い就職サイト『クリ博』がおすすめです。

ただエージェントを利用するというよりもサイトで自ら探すような就活になります。

クリ博はWeb業界のみに特化して強いわけではないですがクリエイティブ職に強い就職サイトですのでここで自分が気になる会社にエントリーしてみましょう。

 

美大を卒業した既卒の方に勧めるWeb系に強い転職エージェント

美大をすでに卒業されている既卒の方や、第二新卒の20代からの転職に特化している転職エージェントの紹介です。

取り扱っている職種もWeb系のものが強く、また相談できるキャリアアドバイザーも業界に精通している『マイナビクリエイター』は一押しです。

ただ首都圏在住の方に推奨となっています。

そのほかにも働き方の自由度を求めたいのであればWeb業界のみを専門としている『Web業界求人「Webist」』もお勧めです。

 

既卒・第二新卒からでもクリエイティブ業界へ就職可能な就職エージェント【マイナビクリエイター】
マイナビクリエイター
運営会社 株式会社マイナビワークス
年齢 20代〜30代
職歴 Web職・ゲーム業界に転職意欲のある方
既卒・第二新卒(未経験でも美大・芸大卒なら有利)
対応地域 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県
ここが良い クリエイティブ業界特化型
キャリアアドバイザーがゲーム・Web/IT業界に精通している
ポートフォリオ制作・中途採用セミナーやイベントが充実
企業とのマッチングを重視しているので就職後のミスマッチがない
費用 無料
公式サイト マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは未経験・経験者のどちらの転職者も利用できますが、求人の多くには未経験からの就職でも必須条件として美術系専門学校出身者か、それ相当の画力があるクリエイティブ業界への就職に意欲がある方を積極的に募集しています。

美大・芸大で絵を学んできているならば十分に応募できます。

画力やデザイン・イラストソフトなどの基本操作ができる美大生が持っているスキルならマイナビクリエイターで斡旋してくれるので少しでも興味があるなら利用すべきでしょう。

 

ゲーム業界・Web業界に特化したエージェントで、Webデザイン、ゲームクリエイター、ゲームイラストレーター、映像クリエイター、映像クリエイター、CGデザイナーなどの求人が豊富です。

数は多くは無いが広告や印刷系のデザインになるグラフィックデザイナーの求人もあります。

 

Web業界の話をしますと私は未経験からWeb業界に入ったのですが広告や雑誌などの紙媒体を対象にしたデザイナーのほとんどがいまWeb業界に参入しています。

 

需要が移り変われば仕事も変わります。

アナログのデザインよりもデジタル表現の仕事は本当にたくさんある。

 

媒体が変わったからと言って大きな違いはなく、企画のコンセプトや顧客の要望に沿ったデザインを手掛けて世に出すのは同じです。

Photoshopやillustratorの基本操作ができるならWeb業界のデザイナーに目を当てて挑戦してください。

何も難しいことはなく、むしろソフトの基本操作ができたり美大で何らかの作品を制作した過去があればかなり重宝される世界ではあります。

 

マイナビクリエイターはキャリアアドバイザーが業界に精通しているのでポートフォリオの制作や添削などを指導してくれしっかりと就職が決まるまでサポートしてくれます。

美大で作成したポートフォリオって作家と言うかアーティスト寄りのものになり勝ちなんですが、就活に有利となるポートフォリオ制作ができる事で採用率が一気に上がったというのはよく聞く話です。

 

マイナビクリエイターのデメリットを上げるなら関東で就職を目指す人に対応しているので地方の方は利用したも満足のいくサポートが受けられないことです。

逆にマイナビクリエイターに来社可能な一都三県に在住の方でしたら迷わず利用していただきたいです。

 

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県に会社があるので来社可能な方はぜひ利用しましょう。

既卒・第二新卒者向けの未経験のための求人セミナーやポートフォリオ制作講座なども無料で受けられます。

 

雇用よりも自由な働き方を求めるなら『Webist』

Webist

Webistは国内最大級を誇るWeb業界・広告/出版業界で活躍しているクリエイター専門の求人情報(派遣・転職)サイトです。

正社員雇用求人はもちろんですが中には週3日で働きたい方、残業はしたくないので派遣や契約社員として働いてプライベート重視で働きたい方にもぴったりな求人を探してくれます。

Webistは利用したことがあるのですが、私は仕事を詰め込みたくない考えがあったのですがWeb業界ってそれなりに忙しいので繁忙期の時は帰れないという会社が多いです。(実際最初んWeb会社はそんな感じで務めていました)

 

それならそれなりに残業分給料を出してほしいところですが正社員だと見込み残業としてすでに給料に含まれているので残業をいくらやっても同じ給料という少しモヤっとする働き方もあるのですが、派遣だと時給は高いし残業代もしっかり出るので働いた分お金をもらって働かなくていい分はちゃんと帰ってプライベートを持ちたい方にはお勧めです。

ただ正社員と比べいろんな補償がないのでどちらにもメリットデメリットはありますが、週5日8時間勤務に縛られない働き方も全然たくさんありますよと紹介してくれるところがWebistの魅力です。

 

保有している企業も大手や有名な会社が多く、幅を利かせて仕事を探せます。

ほかにもよかったところがWeb業界で働きたいといっても受ける案件が医療系とか自社系のHPを作るとなるのは味気なくて、作っててわくわくするようなサイトを制作している会社に興味があると相談したところ有名なアニメのHPを制作している会社やドラマのHPを制作しているWeb制作会社の紹介をいただきました。(東京での話です)

ちなみに職歴なし、フリーターの方でも利用できます。私がフリーターからWeb業界への転職を考えたときに利用してましたので。

 

サポートについてですが目を引くほど素晴らしいというわけではありませんでしたが、十分な対応だったかなと思います。

履歴書だけでなくポートフォリオの添削もしっかり行ってくれるので、気になる方はWebで求人を見るだけでなくしっかりと担当者をつけてお仕事を紹介してもらうことがベストです。

 

相談も気軽にできましたので、気になるけど意気込みしているという方は肩の力を抜いてひとまず相談の予約だけでも取ってみましょう!

連絡は『クリーク・アンド・リバー社』と名乗られる場合もありますが、Webistを運営している会社のことですのでご心配なく。

 

 

学部がデザイン専門でなくてもWebデザイナーになれます

デザイン学部でなくても、美大出身じゃなくてもWebデザイナーとして活躍している方は多くおられます。

少しでも興味があるのであれば、美大出身であることを武器にしてWeb業界を受けてみましょう。

 

グラフィックデザインや広告デザイン、映像作家、服飾デザインなどデザインといえど様々な業界でデザイナーはいますがその方たちのバックグラウンドって学生時代に専門的にそれらのデザインを学んでこられた方です。

学びにしたがってスキルが付き仕事として成り立っている。

 

それと違ってWeb業界のデザイナーは割と新参者が多いです。

全くの未経験から入ってこられる方もいますので、美大生であるなら学部問わずで割と優遇される素質は持っています。

より受けられる会社の数を増やしたい、または採用の確率を上げたい方はHTMLとCSSのマークアップ言語の学習をしつつ就職活動をしてみましょう。