自分はどこも働けないのかな…会社が合わなくて早期離職から働くことに自信がなくなった人へ

新卒入社で会社に勤めたけど3か月余りで即退職。

最初に入った会社での仕事も合わず、社会人としてダメだしされることばかりで辛くなってやめてしまった。

仕事もできないし、コミュニケーション能力も下手だったことを目の当たりにして自分には働ける会社は無いんじゃないかと考えてしまって転職活動が怖くして仕方がない。

 

働かないといけないのはわかっているし、アルバイトで働いたとしても長くいるべき働き方ではない。

 

社会復帰がしたいけど自信喪失で就活が怖いが、かといって何もせずこのまま無職である状態であることにも追い詰められているという方に読んでいただきたい記事となっています。

 

本記事を勧める人

 

 

  1. 新卒入社したが自信を無くし早期離職
  2. 就活がうまくいかないフリーターやニート
  3. 就活や転職に失敗して自信を失っている方

 

 

就活失敗や内定がもらえないことで落ち込む

もう無理なんだ

私は新卒入社した経験がありません。

大学時代に就活をして40社以上面接や書類選考などを受けていましたがすべて落ちました。

この時感じたのは自分は社会に必要とされていなんだということ。

 

どこを受けてもどうせ落とされる、お断りされると心底ネガティブになっていました。

そんな精神状態で破棄など出るわけもなく、生気のない状態で大卒後も就活を続けていましたが、どこにも引っかかることなく就活につかれて辞めてしまいました。

そのあとアルバイトならいけるだろうといろいろ応募しましたがそれすらも落とされ、どこにも働けないんだと引きこもってしまいました。

 

まず一つ言えるのが暗い心情状態で就職活動をしてもいい結果は出ませんし、焦ってとにかくいろんな会社に受けまくっても軸がブレブレなためなかなか決まりません。

仮に決まったとしても、とにかくどこでもいいから働かないとという気持ちで適当な会社を受けてしまった場合には入社してから仕事が合わない、会社の雰囲気に馴染めない、待遇が割に合わないなどで早くに辞めてしまう人って少なくありません。

 

新卒入社でも早期離職に当たる3年未満で会社を辞めてしまう人は全体の30%にも上がります。

10人の内3人は辞めてしまっているような状態です。

 

就活の目的ってただ内定を貰うことではありません。目先のことではなく、この会社で長く働きたい、自分の可能性が広がるかもしれないと会社に入った後のことが最も重要なんです。

 

そして就活で書類選考や面接などそれなりに頑張ってたくさん受けているのに全部落とされたり、なかなか就活がうまくいかないことで落ち込んでしまい自分は必要とされていないと閉じこもってしまうのは簡単ですが、そうなってしまったら何もない人生が始まってしまいます。

役目がない、居場所がない人生ほどつらいものってないです。

 

社会に必要とされていないと決めつけているのは自分自身であり、就活がうまくいかないのは自分が必要としてくれる会社を受けていないだけです。

まず自分を必要としてくれる会社を見極めるには、自己分析がとても重要になってきます。

 

自分には何ができるのか、どんなことが得意なのか、どんなことをして働いてみたいのかと学生時代さんざん言われてきた自己分析ですがもっとシンプルでいいのです。

 

私の場合ですと人前に出てプレゼンをしたり、売り込んだりする仕事や、多くの人と円滑にコミュニケーションをとることは苦手ではありますが、何かをコツコツ続けることや、自分で物事を考えて調べ物をし、それをまとめたりすることが好きす。

この性格から活かせる仕事って何だろうと考えたときに事務やエンジニアの仕事が抜擢しWebエンジニアとして仕事を見つけることができました。

 

自分の性格から『できること』を見つけて、またそのできることに繋がる職種から仕事を探せれば就活って結構うまくいきますし、仕事に就いてからも居心地がよく長く続けられるのです。

他にも社風などでも自分は体育会系の会社は肌に合わないので、フレンドリーではあるがやや文系気質な社風を受けるなど自分が働くうえで馴染める会社を受けることも採用が決まりやすいです。

 

ここまで書けば気づくと思いますが、会社があなたを採用する基準って自分たち(会社側)と似た性格や価値観を持っているかというところに重きを置いています。

能力については自分の価値観を活かせる仕事に就ければ長く働けるので、どんどんついていきますし、性格がどうとか人間性がどうとかというのも経った十数分程度の面接で見極められる人っていないです。

 

就活がうまくいっていない時って、手あたり次第受けていたり、自分の性格と相性の悪い会社や、興味はあるけどできない仕事を選んでいるからうまくいかない。

自分に合った会社をうまく探せていないだけなので、働ける会社はないと断定するのは早すぎます。

 

社会不適業者なんて社会人にたくさんいる

社会に出たときは先輩たちが仕事が出来すぎて自分はなんて仕事ができないんだろうとか、同期で入った人たちが先に成果を上げて比べてしまったりなど社会ってとにかく競争が多いです。

そこに自分を比べて劣っているところばかり見てただ落ち込んでしまうのは新卒だったら仕方がないです。ほとんどの人が通る道です。

 

ただ仕事に慣れてくると一緒に働く人たちのいろんな側面が見えてきます。

 

例えばこの人仕事は早いけどミスが目立ったり、社交性に長けていて仕事を取ってきたり交渉するのがうまいけど、それを資料にまとめるのが遅い人、性格面で言うと人間出来ている人ってどんなに年を重ねていてもなかなかいないということ。

 

割とみんなできないことや苦手なことってそれなりにあります。

仕事をするうえで最低限出来なければならないレベルについては1年働けば大体身についてきます。(適職であった場合ですが)

 

それ以外の自分の性格で得する仕事や損する仕事ってだんだん見えてくるようになり、それを会社で働く人たちがカバーしているのです。

会社で働くって一人でするものではありません。自分にはできないことって必ず出てきます。それをできる人の相談したり手伝ってもらったり、またその逆もあるわけです。

 

自分より5年も先輩の方で仕事のスピードは速いのですが、とにかく突っ張っていて他部署との仲が悪く仕事の交渉がうまくいかない先輩がいました。その交渉を自分が変わってすることで今まで3~5日とコー省のためのミーティングに時間を割いていたのですが、1回で終わったこともありました。

この他部署と連携がうまくいかない部分だけを評価した場合、私からすればこの先輩は長く働いているのに仕事ができないなと感じてしまったわけです。

 

何が言いたいかというと会社で働いている人たちみんなどこかが社会不適合な部分を持っている。できない部分は一緒に働くことで補えあえるので自分は社会不適合だと思い込む必要はないのです。

 

ましてや仕事の向き不向きなども自分で決められるものでもない。悪いところにばかり目を向けると誰でも自分はダメなんだと思ってしまいます。

割とみんなできないことだらけなので、自分はダメなんだと自分の能力を自分で決めすぎて可能性をつぶしてしまっているのは本当にもったいないことなのです。

 

自分が働きやすい環境で、自分に合った適職を探せらえれれば自信をもって長く働けます。そのために自己分析や性格診断などから適職を一緒に探してくれる転職エージェントのコンサルタントに相談するのは、悩んでいる方には強くお勧めしたい。

プロに相談することで思っていたよりもスムーズに転職が進んで、納得のいく結果を得られやすいからです。

 

既卒や第二新卒を含む20代の方に勧める転職エージェントにひとまず相談してみたいという方はブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】のページのエージェントを利用してみましょう。(30代でも利用可能なエージェントあり)

 

自分は社会不適業者だと感じる理由は自分に向き合えていないから

逃げるほうがつらい

とはいっても暗い気持ちからなかなか立ち直るのって難しいです。

 

友達と遊んだり、相談できる人に話すのも良いですが根本的なことが解決できないといくら相談してもうまく前に進めない。

 

自分で自分がダメなんだと思ってしまう人って、どこ影逃げてしまった罪悪感からきているようにも思うんです。

例えば仕事がなかなか覚えられずダメ、自信を無くして辞めてしまった場合ですが、そのことから逃げてしまっては永遠に解決しない。

トラウマなどもそうです。

忘れようと努力する人がほとんどですが、トラウマって向き合って、そのトラウマを乗り越えたら、自分を今まで苦しめていたトラウマが自分のガーディアンをして能力に加わります。

 

社会不適合だと思うから、自分には働ける会社なんかないんだからと逃げてし舞うのではなく一度しっかりと向き合ってみれば、思っていたよりも簡単に物事が進んでいくことも大いにあります。

逃げるから遠回りしてしまいますしつらくなっていきます。

 

落ち込んでいる時にポジティブになるのは難しいかもしれないが、それでもどこかで踏ん切りをつけて自分がつらいと思っていることに向き合ってみましょう。

逃げるのは簡単ですが、逃げることの方がつらいのです。

 

 

一人でできない場合は専門のカウンセラーなどに頼るのもお勧めです。

 

就職支援をしているエージェントで心理カウンセラーが在籍しているパセリスタッフという転職サービスに相談してみましょう。

メンタルヘルスに特化した転職エージェントであるので就活での悩みや前職でのトラウマが乗り越えられないなど働くうえで悩んでいることを専門家に相談できます。

ただパセリスタッフは店舗がある一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)と札幌に在住の方で35歳以下の方が利用対象となっています。

また未経験案件の求人が豊富ですので既卒や第二新卒などの20代から職歴不安な30代まで無料で利用でき就職内定までサポートしてもらえます。

 

パセリスタッフ公式サイト:https://paselistaff.jp

 

自分の性格や価値観に合った仕事を探すべき

居場所はある

自分の性格や価値観にあった会社を探せれば就職ってそんなに難しいものではありません。

会社の人とも意気投合しやすいし、働きやすい環境や、自分に合った職種で働ければどんどん仕事を覚えていけて働く自信に繋がります。

 

職選びって恋人探しのようだという人もいますが、本当にそれと似ています。

 

完全にぴったりマッチする仕事を見つけることは難しいですが自分が妥協できる部分であるなら仕事は続けられやすいし、環境が良ければメンタルも安定して仕事に対してもポジティブになれます。

仕事ができるできないとかって結構思い込みな部分も大きく、できると思えばできてしまうこともあり、できないと思えば失敗してしまうことも大いにあります。

自分の精神状態が健康でいられる職場に就くことが就職成功と言えるでしょう。

 

そのために必要なのが、転職エージェントによるカウンセリングから自分の適職を知ることや、妥協できるところできないところを把握して仕事を選ぶこと。

そして性格分析から自分が馴染みやすい会社を探すことです。

 

一人で転職サイトや企業HPから見ても会社の内情ってつかめないです。

転職エージェントは保有している企業の調査や過去にエージェント経由で内定を取った人からの口コミなど職場の状況や雰囲気を把握しているので、カウンセリングを受けることで採用されやすく長続きできる会社をいくつか紹介してもらえます。

 

またすぐに就活が不安だという方でも何が不安なのか、自信が持てい部分などをしっかり話を聞いてアドバイスしてくれるエージェントもありますので、そういったところを利用して就活に取り組むのは転職成功に向けて必須と言えます。

 

特に早期離職してしまった20代の方に勧めるのが第二新卒、20代専門の転職エージェントです。キャリアアップのための転職ではなく仕事への不安を解決しつつ仕事を紹介してくれるエージェントですのでまずは気になるところに相談しに行くのが先決です。

 

職歴不安で就活にも不安になっている20代、第二新卒に特化した転職エージェントについてはブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】にまとめています。(職歴なしのフリーターもOKです)

 

専門的なメンタルカウンセリングを受けつつ、克服してから就活を受けてみたいという方はパセリスタッフに相談してみましょう。

 

就活に不安な方、なかなか前に進めない方は専門家に相談することで可能性や希望が見えてきます。何も行動しないことが一番悩みの種を肥大化させていますので、そこから抜け出すために一歩行動へ移してみましょう。

 

相談だけでもやる気や自分に合った仕事を紹介されたりなどで可能性を感じられるので、つらいなら今から動き出してみましょう。

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】