【あなたは悪くない】在学中にちゃんと就活頑張ったのに就活失敗しニートになった方に勧めること

大学在中そこそこ早めに就職活動を始めたほうだった。

3年生の夏ごとには企業説明や合同説明会などにも行き、大学の就職支援課にも相談しに行ってESの添削も何度もっしてもらった。

いろんな職種がるけど自分が興味の持てると少しでも感じた業界には積極的にエントリーしたけどふたを開けてみれば受けた会社すべてお断りされ就職先が決まらないまま卒業してしまった。

 

あんなに頑張って就活したのに大卒の無職になって自信を無くされている方に読んでいただきたい記事となっています。

 

本記事を勧める人

 

  1. 高校・短大・大学を卒業したが無職の方
  2. しっかりと就活をしてきたのに惨敗して自分を責めている
  3. 在学の時にしたあの怒涛の就活をまたしたくない
  4. 就活で何がいけなかったのかわからない
  5. 頑張っても無駄なんだと思っている
  6. 結局どんな仕事がしたいのか、向いているのかわからなくなった
  7. 正社員として就職したいと思っている




就活を頑張ったのにどこにも決まらなかったのはあなたに魅力がないからではない

自分が一番気づけていなかっただけ

在学中の就活期間ってちゃんとまじめにやっている者からすると本当に怒涛です。

1日に3社の面接を受けたり、遠方の研修に受けに行くため1週間ビジネスホテルを自己負担して受けに行ったりと活動もそうですがお金もそれなりに消費します。

卒業のぎりぎりまで粘って就活したのに結果すべて惨敗でもう自分には社会で働く価値がないんだと落ち込んでしまいます。

 

私自身大学時代エントリーや説明会などは70社、面接や企業体験、試験研修など会社に赴いたのは40社くらいですが本当に忙しかったです。

人によったらもっとたくさんの企業を受けている、逆にもっと少なかったと比較されると思いますが自分自身がこれ以上は無理だったと振り返っても思えるのであればそれは十分な就活でした。

 

中には10数社しか受けていないのにサクッと内定をもらって4年の夏前には自由を満喫している人だっています。

就活での内定って企業と自分とのマッチングです。相性がいいか悪いかということが一番大きなポイントでもあるので、相性のいい会社にすぐに出会った人はさっさと就活を終わらせてしまっている場合もあり得るのです。

 

何が言いたいかといいますと、就活ってあなたに能力がないとか、プレゼンや面接がうまくいかなかったからとか、人間性がダメだったとか、たった2~3回程度しか会ったことのない人に判別できることなんてミジンコレベルです。

自分に魅力がなかったからではなく、まず第一に自分で自分の魅力に築けていなかったというのが大きな理由だとおもいます。

 

就活を頑張ったのにダメだった理由【間違った頑張りは無意味】

意味のある努力

就活でうまくいかない人で当てはまることは『間違った努力をし続けている』からです。

ただ会社を受け続ければいい、興味があればとにかく受ける!と、とにかく場数を打っている人にありがちなのですが、ちゃんと自己分析と企業分析をしていたのか?

ちゃんとしていたのなら絶対にどこかの企業に内定が出ているはずです。

 

就活に失敗したのは間違えた自己分析の仕方をしていたことと間違った企業分析をしていた可能性があります。

 

例えばですが、ゲーム会社に就職したいけどゲームクリエイターとして絵が描けるわけでもなく、プログラミングもできるわけでもない。

ただゲームが好きだから好きなものを作ってみたいという考えでは内定獲得は難しいです。

 

自分が好きなことや興味がある仕事を探すのはとても重要ではありますが、その前に自分の能力をしっかりと知っておくべきです。

 

自分が大学で培ったことをしっかりと分析せずに興味のある仕事に応募するということは、例えるならピアノを弾いたことのない人がピアニストってかっこいいからピアニストに応募しましたといっているようなものです。

自分が大学時代に何をしてきて、そこで自分が『できる』こと『得意』とすることは何なのかをしっかりと把握することが自己分析です。

ろくなスキルもないのに自分が好きなこと、やりたいことを見つけるのが自己分析だと思っていてそれに沿って職種を選んで受けていたから説得力がないので会社からしたらアピールの弱い人でしかなかったんです。

 

自分ができること、得意なことを分析しその能力に付随する職種を探していくことが就活で内定を取る一番の近道です。

またできることを仕事にするとどんどんそこにハマっていきます。好きな仕事を見つけるのではなくできそうな仕事を探すことで結果的に好きになっていくということです。

 

そのために意味のある頑張りがあってこそ努力って報われます。

 

野球で甲子園に出れる選手になりたいからと毎日素振りをしたとしてもそのフォームが間違っていれば、その素振りは『間違えたフォームを頑張って覚えるための間違った努力』です。

努力しても、頑張っても無駄だという人は正しい努力ではなかったことと早期的に辞めてしまったからなのです。

 

今卒業してしまっていて、これからどうすればいいんだという卒業生の方でも今から正しく頑張ればちゃんと自分の能力が発揮できる適職に就くことは十分に可能です。

 

できる仕事から探すのも大事だが性格的な相性が良い仕事の探し方

分析の仕方はさまざま

仕事探しは自分の今まで学生時代に培ってきたことが生かせる分野でもいいし、性格分析から向いている職業を目指すのでもいいと思います。

スキル云々の話をしましたが、特殊な資格がいるような業界でない限り新卒にスキルはそこまで求めていない企業もたくさんあります。

ただ向き不向きというのは自分の性格から分析することができます。

 

例えば私の話ですが、美大で造形を学んできたのですが今は美術とは関係のないエンジニアの仕事をしています。

私は少しプログラミングスクールに通ってスキルをつけてから就職をしたのですが、もともとコツコツと何かを作るのが好きだったこと、分析したりするのが好きだったこと、人に聞くよりまず自分で実験してみて結果を見たいというような性格があるのですがそれがエンジニア職で働くにあたり結構役立っています。

 

もし学生の時に学んだことではなくやりたい仕事や自分の性格的に向いている仕事を探したいのであれば、どんな作業をしているときが楽しいのか、人よりこの部分は抜きんでているなと感じること、など本当に簡単なところからどんどん分析してそこから仕事に当てはめていくと働いていて、もうこの仕事辞めたいとかつまらないなどの入社してからの仕事のミスマッチがまず起こりにくいです。

 

とはいえ私はこれを一人で考えてたどり着いたわけでなく、既卒になってハローワークや若者向けの転職エージェントのアドバイザーに相談して徐々に見えてきたことでした。

 

自分のできる仕事は何なのか、性格や能力などをみて適職を知りたいという方は既卒・第二新卒向けなどの20代に特化したエージェントのキャリアコンサルタントに相談するのが一番話が早いです。

その理由について大卒後にいろいろ迷走した体験を知っていただければ納得すると思います。

 

既卒は就職にまだ有利ではあるがそれなりに苦労した理由

経験者は語る

私がフリーターから正社員になるまでにやる必要がなかったと思った就活はハローワークで仕事探しをしたことです。

 

就活の仕方が違うだけである意味人生が本当の意味で終わりを告げる事になる。

 

例えばブラック企業につかまったり、全く興味のない会社へ面接させられてばかりで全然仕事が決まらないなど。

就活はお金のコスト以上に時間が掛かります。

 

そんな無駄だった時間はハロワで仕事を探したことでした。

これはあくまで個人的な失敗談です。

 

私がおすすめしないハローワークでの就活

私はハローワークでの就職活動はおすすめしません。

 

職歴があったり、ニート期間が長くて何かにしがみつきたいという人ならまずは行って見てもいいかもしれませんが、新卒や既卒の若い就活生が頼っても良い就職は難しいかなと感じました。

その理由ですが、まず就職に当り会社で働くことを何一つ分かっていないのでハロワの職員にとりあえずここを受けてみたら?と職員側はとりあえずどっか就職したらいいじゃないと軽い感じなんですよね。

世間知らずなので、『はい』と二つ返事で従ってもいいことありません。

こういった感じで企業とのマッチングを診断するよりも早く就職させることに目を向けられたり、あとハロワの職員に対して感じたのは仕事紹介をする人たちではあるが紹介する企業や業界についてほとんど知識がない。

求人情報に書いてあることしか基本的にわかっていないんですよね。

 

そして最大の難点はブラック企業の巣窟であるという事。

私が実際にハロワで紹介された会社がモロのブラック企業で1年で体壊しました。

ブラック企業に勤めるくらいならニートでいた方がましです。

 

私が新卒や既卒の人にハロワをおすすめしない理由をまとめますと

 

  1. ①社会人経験がないのでハロワの職員に意思を伝えにくい(ハルワはキャリアコンサルト力が低い)
  2. ②企業視察をしていない・紹介している業界・会社に詳しくない
  3. ③ブラック企業がたくさん紛れている

 

こういったことがよく起こっているのがハロワの実態なんですよね。

 

ハローワークも利益がないと無償で仕事紹介なんかできません。

人材紹介系は大体が無料ですがハローワークって実態が古すぎるのが最大の難点です。

 

とりあえず求職者を就職させて就職支援できた企業から紹介料を貰う事で成り立っているのですが、保有している企業の査定が全くないのと紹介する会社の視察調査をしていないことから求職者と企業側のマッチングを測る技量が一切ないんですよね。

 

ハロワで見つけた会社だったけどすぐ辞めてしまったら就職した意味がないですよね。

 

私が勧める就職の仕方は企業とのマッチングをしっかりとはかってくれて、自分が何をしたいのかどんな仕事に向いているのかをちゃんとカウンセリングしてくれる就職支援に頼るべきです。

 

自己分析は無限にできる可能性を見つけてくれる【私は10日で適職に出会えた】

企業と出会うきっかけ

まず自分が何をしたいのかをはっきりさせたい、どんな仕事が向いているのかもさえわからないという方はカウンセリングをしっかり受けてみて自分をもっと客観的に見てみることから始めます。

 

人前で話すのが好きならセールストークの素質があるかもしれないので営業職、接客が好きともいえるので販売員。また話すのが好きな人ってムードメーカーな方も多く職場のチームをまとめるマネージャーや、指導などをするコンサルタントなど、1つの好き=1つの個性としていろんな職種で力を発揮できる素質が見えてきます。

 

ただその自分のスキルや性格、また希望することをうまく仕事につなげられるのはたくさんの職業をしっている就職のプロと一緒に考えることで自分が就活していた時は知りもしなかった職業を知れるきっかけにもなります。

 

大学を出ていまだ無職であり、あんなに頑張った就活も惨敗してしまって頭の中が真っ白になっているのならもう一度スタートラインに立って、今度はその挫折したことを糧にこの会社で働きたかったんだ!と思える職探しの近見をサポートしてくれるエージェントと一緒に就活してみましょう。

 

利用者満足度NO1!自分の適職が必ず見つかる【第二新卒エージェントneo】

ネオキャリア
運営会社 株式会社ネオキャリア( NEO CAREER CO., LTD. )
年齢 18歳~28歳
職歴 ・不問(第二新卒・既卒・フリーター・就職浪人・短期退職)
・学歴不問(中卒・高卒・大学中退・大学卒業後の既卒・海外留学から帰国後)
(高校在学中の方は法律上、中退や卒業後のサポート開始となります)
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡
ここが良い ・利用満足度NO.1
・一人一人の個性に寄り添った面接や履歴書のバックアップが定評
・経歴・学歴問わずで幅広い経歴の方を完全無料でサポート
・ブラック企業徹底排除だけでなく企業とのマッチングを重視した転職ができる
・自分に何が向いているのか分からない方はプロのレクチャーにより適職に気付ける
費用 無料
公式サイト https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントのネオキャリアは何といっても第二新卒利用者の満足度が高く『就職転職の相談のしやすさ』『面接対策満足度』『就職転職満足』全てNO.1の実績を持っています。

 

ネオキャリアの魅力は何といっても幅広い経歴の方を支援されていることです。

例えば中卒や高卒、大卒のニートやフリーター、新卒で入社したけど3ヶ月で辞めてしまった早期離職者などの方にも優良企業をご紹介できます。

 

また未経験から正社員を目指せる企業数も5,000社以上と保有している会社も豊富です。

ネオキャリアの利用者は主に営業・事務・エンジニア・サービスなどの優良企業に転職成功されています。

 

学生時代それなりに頑張って自己分析もしたしたくさん企業を受けてきたけどダメだったのなら根本的な何かが惜しかったのかもしれません。失敗するのも成功するのもしっかりと原因があります。

失敗した原因が分かればそれを排除していけばいいだけのことなので、その失敗の原因は何なのか、どうすれば就職できるのかをその人個人個人に合った方法で専任の就活アドバイザーがサポートしてくれます。

 

カウンセリングでお話をしっかりと伺い最適なキャリアプランニングを一緒に考えてくれます。業界や職種についてもレクチャーしてくれるので今まで知らなかった仕事の存在を知ることで適職に気付くきっかけにも繋がります。

 

またネオキャリアで紹介される企業はネオキャリアの第二新卒エージェントが実際に訪問し、オススメできる企業のみなのでブラック企業は徹底排除はもちろんハラスメント調査にも徹底されています。

 

相談できるアドバイザーが紹介してくれる求人の社風や雰囲気、またその会社の社員たちについての情報を教えてくれますのでリアルな会社情報を手に入れ確実に安心して転職活動に挑めます。

 

利用者の満足度は多くの若者向けエージェントを抑えてNO.1と言う実績は揺るがない事実ですので安心して転職活動を行いたい方や就活でまず何を始めたらいいのかわからないという方はそのままその不安を丸投げしても全然OKですのでぜひ利用しましょう。

 

 

書類審査なしで就活ができる!最短1週間で採用の実績多数【DYM転職】

DYM転職
企業案件数 年間5,000社を超える企業のコネクションを保有
対象 10~20代向け・新卒・既卒・第二新卒・フリーター・ニート
ここが良い 学歴・経歴に自信がなくてもはじかれることがない
書類選考なしで面接ができる
100%正社員雇用として働ける会社が見つかる
最短1週間で就職先が決まることも
公式サイト https://talk.dshu.jp/

DYM転職は10代・20代の新卒・既卒・フリーターやニート向けの無料就職サービスです。

紹介先の会社は100%正社員求人で書類選考がスキップできてエージェントとの相談のみでいきなり面接まで進めます。

採用率もほぼ確実なところでした。

 

早くに就職したいという人におすすめでDYM転職は最短1週間で入社も可能な実績を持っています。

ちなみに私はここで受けた会社で利用してから10日目で一発で貰えました。

企業先はクリエイティブ系のエンジニア職です。

 

新卒や既卒の求職者の転職を強みにしています。

職歴や学歴に不安がある・ブランク期間やニートをしているなどの自分に自信がない人でも正社員になれるまでエージェントがバックアップとサポートを徹底的にしてくれる、とても面倒見のいい転職サービスです。

 

 

【20代専門】完全未経験から正社員を目指せて5万円が貰える【reフレッシュ転職】

reフレッシュ転職
法人名 Select Wall(セレクトウォール)株式会社
年齢 20〜29歳
職歴 不要(完全未経験から正社員になれる)
サービス内容 ・転職サポート(無料)
・弁護士相談(無料)
・退職代行サービス(3万円)
転職成功報酬 転職サービス:5万円プレゼント
退職代行・転職のセット:3万円キャッシュバック+2万円プレゼント
対応地域 全国
ここが良い ・20代特化型で未経験歓迎の正社員求人が多い
・弁護士対応の退職代行サービスが実質無料
・保有している会社の職種が豊富
・転職成功で5万円貰える
・退職に悩んでいる方は無料で弁護士の相談できる
費用 無料
公式サイト https://refresh-tensyoku.com/

reフレッシュ転職はなんと転職成功で5万円のお祝い金が貰えるエージェントとして未経験からの就職・転職に挑戦する20代を全力で応援してくれる転職エージェントです。

 

学歴も経歴も一切不問で未経験職を目指せるのはreフレッシュ転職の大きな強みです。

 

例えばスキルばないけどどうしてもITエンジニアになりたい。という方でもreフレッシュ転職が保有している企業はスキル・学歴などを問わず未経験から育てますよという会社ばかりを保有しているので今まで手が出なかった職種に挑戦しやすいです。

 

なにより利用は完全無料なのに就職成功でお祝い金5万円は大変うれしいプレゼントですので就活にもモチベが上がります。

就職して5万円もゲットしてうれしくなるようなスタートを切りたい方はreフレッシュ転職に相談してみましょう!

 

 

就活で重要なのはまず自分を知ること

結局は全部自分でしないといけないけど、なかなかうまくいかない、面接が苦手だ、何をして働きたいか分からないからとりあえずいろんな企業に受けていると遠回りするくらいならまずは専門家に相談して自分の方向性を定めてもらうのも一つの就活の仕方です。

 

また大学時代の就活では全部自分から企業情報を集めたり合同説明会に行ったり、とにかく自分の足を使って遠出をして大変だったんですよね。

それが転職エージェントの1か所に行ってカウンセリングを受けて、その時点でコンサルタントの方が適正だと思える仕事の案件を紹介してくれるのは本当に楽でした。

もし紹介してもらった企業に興味がわかなければその時は全てお断りしても全然OKですし、コンサルタントの方もまた新しく探して後日新しい案件を連絡してくれます。

 

まずは自分をしっかりと知ることから始めて、そこから仕事につなげられるように就職のプロに相談してみましょう。

必ず適職に就職できます。

 

本記事で紹介している既卒向けのおすすめ転職エージェント

  1. 第二新卒エージェントneo:学歴職歴不問!転職利用者満足度NO.1
  2. DYM転職:めんどうな書類審査なしで就活できる!最短1週間で内定も可能
  3. 『reフレッシュ転職』:完全未経験から正社員を目指せる・転職成功で5万円貰える!