【アラサー】ワーホリから帰国後に無職になりました【ブランク明けから正社員に】

ワーキングホリデーをして日本に帰国した。

これから就活を始めようと思うけどやっぱりブランク期間が1~2年できてしまうと正社員を目指すのは厳しいのかな。

年齢も27歳になってしまい未経験からの就職や、ブランクあっての就職って割と厳しい年齢に突入してる。

 

ワーホリ後の末路ってアルバイトか非正規雇用でしか働けないなんて聞くけどそれだけは嫌だ。

絶対正社員として働きたい。

 

こういった悩みにお答えしたい記事となっております。

私はオーストラリアワーホリ帰国後にしばらくニートをしていました。最初に何げなく利用したエージェントから年齢の事や正社員は厳しいなどを言われたことがあり少し落ち込んでしまったのが理由です。

 

だからと言ってアルバイトとか派遣社員とかではかたくなに働きたくなかった。

そんな私でしたがちゃんと正社員として採用してもらいえる会社と出会えましたので、ワーホリ帰国後に正社員として仕事を探している20代後半から30歳代のアラサーの方に向けた記事となっています。

 




ワーホリ帰国後の就活で感じたのは社会にはワーホリ歴は評価されないこと

ワーホリってどう思われてるの?

ワーホリ後に無難な転職エージェントを利用して就活をしてはいたのですが、そこで感じたのは『社会的にはワーホリの経験ってそんなに評価されない』ということでした。

 

もし自分が外資系の仕事に就きたいとかCAになりたいとか、英語環境で働くために英語力を問われる仕事を除き一般職での就活でワーキングホリデーをしていましたと言うのは特に評価の値にもならない。

世に言われている『遊んでいた』とまでの評価ではなかったですが、会社が見ているのはあくまで日本での社会人経歴でした。

 

ワーホリに対して悪い評価も無かったけど特にいい評価も感じなかったです。

 

というのも多くの日本人がそこまで海外に興味がある人達ばかりではないようにも感じました。

 

へー海外でバイトみたいなのをしてたのね。

その程度なのかなって感じです。

 

英語を使う職場であったなら海外在住歴は評価されるし、外国で働いていたことは採用に当たる大きなメリットになりますが一般職を目指すのであればワーキングホリデーの経験歴ってそこまで重視されないことは理解しておきましょう。

 

ワーホリ帰国したアラサーはフリーターや非正規雇用になるルートしかない?

正社員ってそんなに難しいの?

ワーホリしてブランク期間を作り、それに加えそこそこの年齢になってしまったら正社員は厳しいといわれていますが、これに至ってはワーキングホリデーをしていたからとかは関係ないと思いました。

ワーホリじゃなくても音楽活動をしていた人ややりたいことが見つからずフリーターをしていた人などにも言えるように『ワーホリしていたから』ではなく『社会人としてのブランク』を作ったというだけ。

これがなかなか厳しい状況を作ってしまうのですが、自分の行動次第でいくらでも変えることが可能です。

 

とはいえ年齢的に20代後半や30歳代になってくると就活は少し難しくなってくる。

それに加え日本でのキャリアが海外に住んでいた分少なくなっているので難しいのではとも考えましたが、そんなことを気にする会社ばかりではありません。

 

ワーホリをしたことがなくずっと日本で働いてはいるけど非正規雇用方だっているし、30歳になるまでアルバイトしかしたことがない方もたくさんいるわけです。

そんな人たちでも正社員になれましたという話を聞くことがありますが、ただ諦めずに行動したから成れたのです。

 

正社員になれないことをワーキングホリデーをしていたからと言うのはあまり大きな理由にはならないけど、ただブランクを作ってしまい履歴書に穴をあけてしまうのは正社員雇用を募集している会社でも受けられる数や採用率が下がってしまうのは事実です。

ワーホリが理由ではなくブランクや年齢が理由です。

 

ただこれに至っては現時点での自分が応募できない会社を省いてその中でもちゃんと正社員雇用として採用してくれる会社のみに絞って就活すればいいだけの事。

できなくなったことに目を向けても仕方がないので、できる事に目を向けられるかが重要です。

 

ワーホリ後にアルバイトもしなかった理由は頑ななプライド

帰国してからアルバイトや非正規で働くのはどうしてもいやでした。

ワーホリしたのに帰国して非正規雇用とかフリーターって恥ずかしいという考えがありました。

 

とはいえ日本でのブランクがあると雇用形態にわがまま言っていられないのではないかとはちゃんとは自覚していたのですが、それでもバイトはしたくなかったです。

 

これはただのわがままでしかありません。

正社員で働かせてくれる会社が見つかるまで繋ぎとしてバイトはやっておいた方が社会復帰するのにスムーズです。

それが嫌なら就活に本腰を入れるしかありません。

 

非正規雇用やフリーターになるのが嫌な方は正社員を目指せる転職エージェントを利用して、今ある自分で応募できる会社を紹介してもらいましょう。

プライドを持つなら行動で示さないといけません。

 

帰国後にニート期間を作るのは危険です

休み時間ではない、ただの怠けだった

私は留学後の就活に失敗して心が折れてしまい、無職期間を過ごしてしまいました。

正社員として働きたかったのでアルバイトや派遣雇用などで働くのはしたくなかったんでがそれよりもブランク期間をさらに作ってしまうのは打撃はそれなりにありました。

 

現在ワーホリ後にニートをしてしまっているなら苦労しないためにも今から少しでもいいので行動へ変えて行ってください。

 

年齢よりも空白期間を気にする企業って多いです。その質問に対してポジティブな返しができる面接力がある方で無い限り不要なニート期間は避けましょう。

また帰国後にニート生活に陥るとなかなか抜け出せませんでしたし、もちろんその分年齢も重ねてしまう可能性があります。

 

時間を無駄にすることは自分の将来のクビを締めているのと同じですので、正社員を目指すなら気持ちを切り替えるべきです。

 

【20後半~35歳向け】ワーホリから帰国して正社員を目指したい人に勧める転職エージェント

いくらでも方法はある

帰国してから最初に利用した転職エージェントが合わなくて就活を辞退してしまい、ニートをしてさらに就職するのに厳しい条件を作ってしまいましたが、私のように日本での就活に自信が無くなっている若者に特化した転職エージェントを利用することで解決されました。

 

ただブランクをさらに作ってしまった私はここに至るまでの行動が本当に時間が掛かってしまったので、帰国後にニートをしないことが良い尤もな理由は自分が行動できなくなるマインドに陥ってしまわないためです。

 

帰国後に正社員になるために必要だったのはエージェントに来社してしっかりと就活を自分からする行動力です。

 

不安になっていたり、正社員は無理なのかなってあきらめるのって頭の中でできてしまうので簡単です。

ですが、少し労力は使いますがしっかり就活に向き合えば正社員として受け入れてくれる企業はまだ残されていました。

年齢的に選べる立場ではもちろんなかったですが、今を逃したら現状よりももっと幅が狭くなってしまいます。

 

現在20歳前半の方はきっとそこまで就活に悩む必要はありませんが、転職にキャリアを求められる20代後半から30歳代の人で帰国後の就活に不安な方に利用していただきたいエージェントを紹介します。

 

自分がこの転職エージェントなら信用できると感じたらとりあえず手足を動かしてキャリアコンサルタントと面談してください。

そこからがスタートです。

 

今からならまだ間にあります。

 

帰国して日本で働いていた経歴がありその業界へ戻りたいという方は社会人留学・ワーホリから帰国後の就活で元の業界に戻りたい方へ【帰国後に一般職を目指す就活の仕方】を是非参考にしてください。

 

英語を活かす仕事を考えている、新卒を蹴ってワーホリしたのでどんな仕事に就こうか分からないという方は留学・ワーホリ帰国後の就活に利用すべき転職エージェント【新卒留学・社会人留学】にまとめています。

 

やりたい職種がある程度決まっていてブランクを作りたくなら【DYM転職】

DYM転職
企業案件数 年間5,000社を超える企業のコネクションを保有
年齢 18〜35歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート可能)
対応地域 札幌
仙台
東京、埼玉、千葉、神奈川
名古屋、静岡
大阪、京都、神戸
岡山、広島
福岡、熊本
ここが良い 学歴・経歴に自信がなくてもはじかれることがない
書類選考なしで面接ができる
100%正社員雇用として働ける会社が見つかる
最短1週間で就職先が決まることも
費用 無料
公式サイト https://talk.dshu.jp/

DYM転職の強みは書類審査なしで気になった企業とはエージェントがアポイントを取ってくれて必ず面接できる点です。

かなり話も早いし、就活での審査待ちが全くないスピード重視のエージェントです。

保有している企業は正社員雇用のみの会社であり、職歴不安な若者に強い転職エージェントであることから未経験からの正社員になれる求人が多数あります。

そしてありがたいことにブラック企業徹底排除された求人のみを紹介しているので安心した状態から仕事を探せます。

 

一つデメリットを上げるとするならばキャリアコンサルタントの質にばらつきがあることです。

やりたい仕事が決まっていなかったり、キャリアコンサルタントとの面談に時間をかけて自分に合う会社を探したいという人には少し役不足なところはありますが、就きたい仕事の方向性が決まっていてなるべく早く社会復帰したい方にはおすすめです。

またいきなり面接はちょっと…という人は企業が実施していれば無料の説明会に参加して十分に会社の事を知ってから面接に挑めるので『この会社気になるけどちょっとよく分からないことも多いな…』という不安を持つことなく納得して応募できます。

 

ブランクを作りたくない、帰国してニートになってしまっていて早く働きたいという方はDYM転職で無料相談を受けてみましょう。

 

 

 

じっくりマイペースで就職したいならウズキャリ
ウズキャリ(UZUZ)
企業案件数 登録企業数1,500社以上
年齢 18〜29歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート可能)
対応地域 首都圏、横浜、名古屋、大阪、福岡
ここが良い 初回2時間にも及ぶ入念なキャリアカウンセリング
紹介された会社への入社を強要されることはない
ブラック企業徹底排除
転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
費用 無料
公式サイト https://daini2.co.jp/

ウズキャリの最大の魅力は他社と比べ10倍時間をかけて丁寧なキャリアカウンセリングを行っていることです。

就活が不安な人、乗り気じゃないけどしないといけない、また自分が何がしたいのか、どんな仕事をしたいのか分からないなどの不安を一緒に解決してくれます。

そのためしっかりと自分がやりたいと思える会社を自ら選択して受けられるので、ウズキャリ経由で就職が決まった方の定着率93%と高い数値を誇っています。

デメリットを上げるとするならば20代のみを対象としているので30歳代になってしまった方は利用できないことです。

 

まだあなたが20代であって帰国後にどんな仕事をしたいのか分からなくなっているならまずはその不安を解消させましょう。

 

また他の転職エージェントにありがちな気の進まないエントリーや入社を強要させようとすることは一切ありません。

ウズキャリのコンセプトは『就職先を決めるのは人材紹介会社ではなく就活生自身だと考えている』こと。

自分が納得して希望する結果を望むならウズキャリでの転職活動はおすすめです。

自分の不安を聞いて欲しい、ちゃんと話を聞いてくれるコンサルタントに相談したいならウズキャリは定評です。

 

 

留学・ワーホリからの帰国後の就活は大変だけど行動しないことが一番危険

マイペースで進もう

帰国後の就職活動はハンデを背負っているとも言えるのでなかなか大変なことも多いです。

しかし行動へ移さなければずっと同じ状態のまま。

 

少しの事でもいいので何かに参加したり挑戦することで開けることもあるので、利用できるものは利用しましょう。

就職サイトに頼るのも良し、ボランティアやイベントに参加するのも良し。

 

行動した先に人が待っていて何かの縁ができ始めます。

留学での海外交流と同じですね。

 

本記事で紹介した転職エージェント

 

  1.  DYM転職
    ⇒35歳まで正社員雇用への斡旋!スピード重視の転職エージェント
  2. ウズキャリ
    ⇒転職についての不安をしっかり解消するために面談に時間をかけたいならココ

 

人気記事留学・ワーホリ帰国後の就活に利用すべき転職エージェント【新卒留学・社会人留学】

 

人気記事社会人留学・ワーホリから帰国後の就活で元の業界に戻りたい方へ【帰国後に一般職を目指す就活の仕方】