留学後の就職失敗体験から語る帰国後の就職活動に失敗しないために押さえておきたいこと

日本で社会人として働いたのちに海外留学を経て再び就職活動をすることになったが、就活に無気力になり就活エージェントに申し込みはしたが辞退したりとうまくいきませんでした。

 

そんな失敗談から学んだ留学後の就活で押さえておきたいことをまとめてみます。




留学後に就活に成功する人と失敗する人の違いは留学への目的

ステップアップのためなのか目的のためなのか

 

留学帰国後に就職がうまくいく人

 

  1. 留学の目標・目的が明確
  2. 留学を経た後の目標が定まっている
  3. 語学スキルが上がり自信のスキルに自信がある
  4. 語学に限らず留学での経験を活かせるスキルがある
  5. 帰国前から就活を考え行動に移している

 

留学に対する目的は人それぞれですが、自分の能力を試すためだったり、語学力をつけて次のステップに行くための『過程』段階の人は帰国後は就職へ向けての活動は活発です。

自分の人生設計のための通過点でしかなく、しかししっかりと留学で学べることへも吸収し充実した海外生活を送れた人は心残りがないことも理由として挙げられます。

何のために留学へ行くのかという目的と留学を経てどうなりたいのかの目標が明確な人は帰国後の就活でつまづくことは少ないです。

 

留学帰国後に就職がうまくいかない人

 

  1. 留学することが目的になっている
  2. 語学がさほど身に付かず社会でどうみられるかの自身がない
  3. 帰国後のプランを考えていない
  4. 留学生活と日本での生活にギャップを感じ落ち込む
  5. 就活の行動が遅い

 

留学後に就職がうまくいく人そうでない人の1番の大きな違いは留学をステップアップとして考えている人と、留学することが目的になっていることです。

 

留学することが目的であっても留学期間中に次のステップのプラン・新しい目標ができる場合は良いのですが、留学が目的のまま帰国した際は目標がない状態になってしまうので、次に何をすればいいのか分からなくなりす。

 

留学で自分の能力を高める事に力を入れている人はその能力を何に使いたいのかもしっかりと考えられます。

人生設計がしっかりしている分、留学後の就活へ移る行動も円滑に取り組むことができます。

 

留学してどうなりたいのか。

英語力をつけるなりコミュニティを広げて国際的なことに関わりたい、帰国してからTOEICなどの視覚を受けて就活に役立てるなどの何かしらのスキルアップにつながらないと日本で就職活動をするモチベーションに持っていきにくいのです。

 

就職活動がうまくいかない人は留学に行くことを大きな目的としてしまい帰国後に目的が無くなってしまう。

中には日本で働きたくなかったからなどのネガティブな理由で留学する人も多いです。

 

また日本と留学での生活の差を比較して鬱状態になってしまう留学帰国者も少なくなく、就活への行動へうまくシフトできないことも大きな原因です。

 

就活が辛いなら無理にしなくていい まずは簡単なことから

無理は禁物

就職活動に対して、ただ怠けたいとい理由ではなく心身が行動に追い付かないちぐはぐな状態で就職活動してもうまくいきません。

実際私も仕事が決まりそうでしたが気持ちが追い付かず辞退しました。

 

周りと比べたり、何もしていないことを責めて就職活動をしたとことで自分をうまくアピールできないことがほとんどです。

焦っても良い企業で働けるとは限らないのでしっかりと、『今度は何がしたいのか』の目標を立てて行動に移しましょう。

それが就職に限ることばかりではなく、ボランティア・支援活動や自分の趣味活動、または留学後にもっと語学を学びたいなどで勉学に励むことも一つの目標です。

働くことばかりに意識しすぎて、せっかく留学で得た経験がくすんでしまうのはもったいないです。

 

留学に行けるほどの行動力と勇気はとても大きなものですので自信をもって良いし、自分がしたい事を探す期間を持っていいんだと考えて欲しい。

 

すぐに就活ができないけど何か働きたいという人はもう少しハードルを下げた働き方を探すことをおすすめします。

 

留学後に就職に失敗した人や就活に消極的な人に勧める事

行動からつなぐ

 

なかなか就職活動に取り組めない、または就活しているけどうまくいかない人は会社や企業にいきなり就職するよりもボランティアやアルバイトから少しずつステップアップしていくことをおすすめします。

または勉学に励むのも良いでしょう。

 

就活に積極的に慣れなくても何か自分の身になることをしてアピールできる部分を養う事は大切です。

ベストとしては勉強しながらアルバイトなどでお金を稼ぎ自分のスキルを向上させる。

もちろんアルバイトだけでもいいし、勉強だけでもいい、自分ができる範囲で行動しましょう。

 

企業に勤めずとも自分が海外留学で培ったスキルが役立つ場面はたくさんあります。

 

英語学習や自分のやりたいことに時間を使う

留学やワーホリで英語力が身に付いたけど、もっと伸ばしたい。

または思ったより英語力が付かなかった。

人によっていろんなレベルで帰国されるともいます。

 

どちらにせよもっと英語力を伸ばしたい、またはせっかく付けた英語力をキープしたいなど勉強に熱が入る人ももちろんいるわけです。

TOEICやTOEFL・英検などでどれくらいのスコアを目指すかなどの目標を掲げて英語学習に挑むか、英会話学習をし資格よりもコミュニケーション能力を高めたいなどで時間を費やし自分への投資をしましょう。

 

英語学習をたとえに上げましたが、留学を経て別の事に興味がありそのために勉強したいなどでもOKです。

自分の身になる活動へは積極的になるべきです。

 

留学後にすぐ就活ができないなら簡単な仕事から始める

いくらでも方法はある

就職をすぐにする・しないに関わらず就職サイトや就職エージェントに登録し仕事の情報を知っておくのは重要ですがすぐに考えられないならウォーミングアップで役割の軽い仕事や、遊び半分のバイトから始めることをおすすめします。

アルバイトやボランティアなどをしながら就職するための情報収集はしておきましょう。

 

求人情報は生き物ですので刻一刻と情報が変わります。

 

その中で自分が興味が持てる仕事が出てきているのに見逃すことになりますのでいくつかの就職サイト・就職エージェントを紹介します。

 

在宅でできる簡単な仕事

 

ココナラ


 

おすすめなのが自分のスキルを売り買いできるで謳っているオンラインマーケットで仕事を探す。

仕事と言ってもちょっとした趣味の延長戦でお金がもらえる感じです。

 

ココナラはオンラインマーケットでもかなり豊富なジャンルのスキルの仕事を探せます。

似顔絵、翻訳、ホームページ制作、デザイン、ライティングなどの職種があり、留学後なら翻訳やライターなどの仕事で役立てると思います。

在宅で仕事が基本なのでアルバイトを探すよりもハードルが低いです。

 

公式サイト:ココナラ

 

 ボランティア活動に参加する

 

地方創生プロジェクト


 

地方の暮らし活性化を考える自治体で地域おこしを協力するボランティア活動があり、人とのコミュニケーションも豊富で社会に貢献できている仕事であるのでここから企業に勤める目標ができたり、ボランティア活動から新しい出会いを経て仕事がもらえるチャンスがあります。

面接などの人材査定がなく希望を申請すれば気軽に始められるのも大きなメリットです。

 

働くことへの一歩はオンラインでも対面でも他人と関わることが一番重要です。

 

自分の生活/地方のこれから皆で見つめ直してみませんか?地域おこし協力隊員募集中より自分の地域からボランティア活動を探せます。

 

現実離れしたリゾートアルバイトから始める

 

リゾバ.com


 

留学帰国後に多くの日本人がアルバイトとして始める仕事がリゾートバイトです。

ヒューマニックが運営するリゾバ.comは業界No1のリゾートバイト専門求人サイトで日本全国規模で海、山、温泉地、離島、スキー場などの勤務地を紹介してくれます。

リゾートバイトの良いところはリゾート地で働きながら遊べることです。

 

留学気分が抜けきれず何をしたらいいのか分からないけど、とにかく働きたい人は、その留学生活やワーホリ生活の延長線上のような仕事でもあるのでおすすめです。

 

公式サイト:リゾートバイトならリゾバ.com

 

 

はたらくどっとこむ


 

リゾートバイトをするなら【はたらくどっとこむ】でおなじみのリゾートバイトは安定・安心な会社で有名です。

全国各地リゾート地での住み込みのアルバイトを数多く保有しており寮費・光熱費・食費が基本的にはかからないので貯金目当ての方に非常におすすめです。

 

公式サイト:はたらくどっとこむ

 

 

アルファリゾート


 

株式会社アルファスタッフ の【高時給】リゾートバイト!は2ヶ月で50万円を貯めることができるとリゾートバイトでもかなりの高級です。

就活をする前にがっつりお金を貯めてゆっくりと求職活動をするのもありです。

 

公式サイト:リゾートバイトならアルファリゾート!

 

英語を使った仕事をしたい人が登録しておくべき就活サイト

英語スキルがある人は英語を生かした仕事で自分の能力を発揮し、より語学への道へ進むことも可能です。

 

Beyond Border
Beyond Border

Beyond Borderは、海外経験者・留学経験者専門の転職サービスです。

「英語」や「海外経験」を強みをもとに活躍できる転職案件をIT業界・英語教育業界・ホテル/旅行業界など幅広く求人をご案内している就職サービスですので英語を使った仕事をしてみたい、外国人と関わりたい人におすすめです。

転職のカウンセリングやイベント・セミナーも充実していてバックアップが安心できます。

 

公式サイト:Beyond Border|海外経験者・留学経験者専門の転職サービス

 

求められるスキルのハードルが低い就職エージェント

 

DYM就職

 

 

DYM就職は新卒・既卒者向けの就職エージェントですが、フリーターや無職・ニートなどの職歴に自信がない人でも良質な仕事を紹介してくれる会社です。

案件も他の大手の転職サイトと比べてもホワイトなところをしっかりとピックアップしているので安心できます。

1度利用しましたがその日のうちに面接が決まりました。

 

公式サイト:DYM就職

 

ウズキャリ

 

 

ウズキャリは既卒・フリーターの内定率83%以上とかなり高い確率で仕事が決まる就職サービス会社です。

18歳~29歳の若者向けの就職サイトです。

留学から帰国した際にひとまず登録しておくことをおすすめします。

 

公式サイト:ウズキャリ

 

留学・ワーホリからの帰国後の就活は大変だけど行動しないことが一番危険

マイペースで進もう

帰国後の就職活動はハンデを背負っているとも言えるのでなかなか大変なことも多いです。

しかし行動へ移さなければずっと同じ状態のまま。

 

少しの事でもいいので何かに参加したり挑戦することで開けることもあるので、利用できるものは利用しましょう。

就職サイトに頼るのも良し、ボランティアやイベントに参加するのも良し。

 

行動した先に人が待っていて何かの縁ができ始めます。

留学での海外交流と同じですね。