ワーホリから帰国後に無職になりました ワーホリ後バイトや派遣どまりにはなりたくない

オーストラリアでワーキングホリデーをし、日本に帰国しましたが無職期間がありました。

 

ワーホリ後に一番心配していた転職活動に対して積極的でなかったり海外で働いた経験も、ワーホリ前に社会人として日本でも働いていたのでその差を感じてなかなか海外生活から感覚が戻らなかった。

 

その後1年くらいのらりくらりとしてしまったのですが、無事就職できました。

 

よく聞くワーホリ後は正社員になれずアルバイトを転々としたり日精雇用で働いている人が多いのではないかと言われているがこれは本当に本人次第です。

 

 




私が留学帰国後に就職活動を失敗させた理由

帰国後のスキルと行動

 

留学帰国後に就職がうまくいく人

 

  1. 留学の目標・目的が明確
  2. 留学を経た後の目標が定まっている
  3. 語学スキルが上がり自信のスキルに自信がある
  4. 語学に限らず留学での経験を活かせるスキルがある
  5. 帰国前から就活を考え行動に移している

 

留学に対する目的は人それぞれですが、自分の能力を試すためだったり、語学力をつけて次のステップに行くための『過程』段階の人は帰国後は就職へ向けての活動は活発です。

自分の人生設計のための通過点でしかなく、しかししっかりと留学で学べることへも吸収し充実した海外生活を送れた人は心残りがないことも理由として挙げられます。

何のために留学へ行くのかという目的と留学を経てどうなりたいのかの目標が明確な人は帰国後の就活でつまづくことは少ないです。

 

留学帰国後に就職がうまくいかない人

 

  1. 留学することが目的になっている
  2. 語学がさほど身に付かず社会でどうみられるかの自身がない
  3. 帰国後のプランを考えていない
  4. 留学生活と日本での生活にギャップを感じ落ち込む
  5. 就活の行動が遅い

 

留学後に就職がうまくいく人そうでない人の1番の大きな違いは留学をステップアップとして考えている人と、留学することが目的になっていることです。

 

 

転職エージェントからの辛辣な言葉とマッチングする企業がなかった

 

私は割と帰国後からの就職活動への行動は早かったのですが、帰国後のプランとかは全く無いまま留学へ行ったことや、帰国してみたら英語力はそこまで身に付いていなかったなどかなり引け目に感じる事ばかりがそろっていました。

もし英語がペラペラになっていたり、英語の何かしらの資格を取得して外資系の会社を目指すルートもできたかもしれませんが、仕事に対しては無計画まま留学した結果凡人のまま留学を終えました。

 

しかし、留学前に私は一般企業で勤めていたわずかな職歴があったので、それで何とか自分をアピールできないかと試みましたが見事に玉砕。

この年齢だとあまり仕事はありませんね~とさっそく年齢差別のような事を言われてしまった。

 

この理由が私が利用した転職エージェントは既卒者でも20代前半向けの職歴に自信がない人をターゲットにしたものだったのですが、わたしは既に20代後半のアラサー。

一応利用した転職エージェントでは20代対象とあったのですが待合室にいた他の利用者はどう見ても高校や大学を出て間もない人ばかりでした。

 

この時点で選ぶべき転職エージェントをミスったと気づくべきでした。

転職エージェントでも書いている項目と若干違っているところはあるようです。

 

帰国後にフリーターや非正規雇用は嫌だった

帰国してからアルバイトや非正規で働くのはやっぱり嫌だったけど、日本でのブランクがあると雇用形態にわがまま言っていられないのではないかとも思っていました。

ただ、本格的に就活をするまえにアルバイトかなんかで繋ぐことは別に良かったと思います。

変にプライドがあって正社員以外はなりたくない、せっかく海外にまで行って働いてきたので日本の働き方の中でも底辺ランクの雇用は格好がつかない。

 

そう思って帰国してから正社員として働くために求人情報とか見あさっていましたが、経験者優遇や実務経験2年以上とかが多くて日本での職歴がほとんどなかった私からしたら応募することすらはばかられました。

 

求人情報をみて正社員は無理、かなり苦労して探さないと難しいと悟りました。

 

大きな敗因は転職活動挫折後のニート期間でさらにブランクを作ったこと

休み時間ではない、ただの怠けだった

私は留学後の就活に失敗して心が折れてしまい、無職期間を過ごしてしまいました。

正社員として働きたかったのでアルバイトや派遣雇用などで働くのはしたくなかったんです。

 

いっちょ前に働き方の世間体の目は気にして雇用形態にこだわっていました。

この期間に正社員とかにこだわらず少しでもアルバイトとかボランティア活動とかしておくことをおすすめします。

 

海外で楽しくワーホリをしていたのに帰国してから孤独な時間の地獄に耐えられないので。

また無職期間が長ければ長いほど余計に就職への道が狭くなってしまい、また自分自身も外へ出て人と会う事が億劫になって行くので本当に逆効果。

 

就活で少し心が折れても2週間くらいまでにとどめてまた気持ちを切り替えて就職活動をするべきです。

 

 

私は就職活動を辞めてしまっていた期間に引きこもってしまい、立ち上がるのに本当に困難になってしまいました。

そこでまず始めたのがボランティア活動でした。

 

配達系のボランティア活動だったのですがそれを週に3回1時間程度お手伝いするだけでしたが気持ちが晴れました。

正直ここまで来る前にもっとできたことがあったんだろうなぁと思いましたね。

 

留学にひとりで行けるほどの行動力があったのに大きな変わりようで自分で自分が嫌になった時でもありました。

 

過去の自分に帰って声をかけてあげることができるのなら別の方法で転職活動をもう一度してみなといいたいです。

その理由が違う転職エージェントに頼ったら1週間で面接で合格して内定がもらえたからです。

 

早すぎた今までの引きこもり生活の終点でした。

 

留学後に就職に失敗した人や就活に消極的な人に勧める事

行動からつなぐ

なかなか就職活動に取り組めない、または就活しているけどうまくいかない人は会社や企業にいきなり就職するよりもボランティアやアルバイトから少しずつステップアップしていくことをおすすめします。

 

私自身がこれで少し自信をつけたのもありますので。

 

就活に積極的になれないなら何か自分の身になることをしてアピールできる部分を養う事は大切です。

 

 

企業に勤めずとも自分が海外留学で培ったスキルが役立つ場面はたくさんあります。

 

英語学習や自分のやりたいことに時間を使う

留学やワーホリで英語力が身に付いたけど、もっと伸ばしたい。

または思ったより英語力が付かなかった。

人によっていろんなレベルで帰国されるともいます。

 

どちらにせよもっと英語力を伸ばしたい、またはせっかく付けた英語力をキープしたいなど勉強に熱が入る人ももちろんいるわけです。

TOEICやTOEFL・英検などでどれくらいのスコアを目指すかなどの目標を掲げて英語学習に挑むか、英会話学習をし資格よりもコミュニケーション能力を高めたいなどで時間を費やし自分への投資をしましょう。

 

英語学習をたとえに上げましたが、留学を経て別の事に興味がありそのために勉強したいなどでもOKです。

自分の身になる活動へは積極的になるべきです。

 

留学後に就職失敗し無職で時間があるならアルバイトで気分転換する

いくらでも方法はある

結構留学経験をした人で多いのが日本の会社で働きたくないという気持ちが強いという事。

それでもどこかの企業に勤めて丸く収まるケースが多いのですが、帰国後は海外の文化や生き方に感化されて日本の会社での働き方がまるで監獄のように感じてなかなか就職活動へ行動を起こせない人はリゾート系のアルバイトやボランティア活動をおすすめします。

 

リゾートバイトはワーキングホリデーと似たような感覚で、住み込みでお金を貯める事だけを目的に、リゾート地でそれなりのバカンスも楽しみつつ働ける仕事ですので留学後にこのバイトを始める人も多くいます。

そのままそのお金でまた留学したり海外旅行へ行かれる人も多いので、ある意味お金を稼ぐツールがあれば良いという事です。

 

会社に勤めたくないけどお金を稼ぎたい、でも日本的な働き方は苦痛だという人はリゾートバイトから始めてみると意外とすんなりと働けてしまうものです。

 

ボランティア活動は私も2種類くらいやっていたのですが、一番よかったのは仕事としてというより誰かの役に立つために役目を貰えて、そしてコミュニケーションが楽しいという事。

会社だと上下関係があったりして疲れてしまう事があったのですが、そういうのがかなり薄くいろんな人と出会いを楽しみながら誰かの助けになることをしているので気分がいいです。

 

ただお金がもらえないのでそこが大きなデメリットですが、バイトみたいに面接して勤めるという段階が無くただ参加するという感覚なので気軽に始められます。

毎回いかなくても気が向いたときに参加してみてその時の出会いを楽しむのもありですね。

 

現実離れしたリゾートアルバイトから始める

 

リゾバ.com


 

留学帰国後に多くの日本人がアルバイトとして始める仕事がリゾートバイトです。

ヒューマニックが運営するリゾバ.comは業界No1のリゾートバイト専門求人サイトで日本全国規模で海、山、温泉地、離島、スキー場などの勤務地を紹介してくれます。

リゾートバイトの良いところはリゾート地で働きながら遊べることです。

 

留学気分が抜けきれず何をしたらいいのか分からないけど、とにかく働きたい人は、その留学生活やワーホリ生活の延長線上のような仕事でもあるのでおすすめです。

 

公式サイト:リゾートバイトならリゾバ.com

 

 

はたらくどっとこむ


 

リゾートバイトをするなら【はたらくどっとこむ】でおなじみのリゾートバイトは安定・安心な会社で有名です。

全国各地リゾート地での住み込みのアルバイトを数多く保有しており寮費・光熱費・食費が基本的にはかからないので貯金目当ての方に非常におすすめです。

 

公式サイト:はたらくどっとこむ

 

 

アルファリゾート


 

株式会社アルファスタッフ の【高時給】リゾートバイト!は2ヶ月で50万円を貯めることができるとリゾートバイトでもかなりの高級です。

就活をする前にがっつりお金を貯めてゆっくりと求職活動をするのもありです。

 

公式サイト:リゾートバイトならアルファリゾート!

 

ワーホリから帰国後に1年無職だった私が正社員になれた方法『20代限定』

 

『DYM就職』
DYM転職

DYM就職は10代・20代の既卒・第二新卒・フリーターやニート向けの無料就職サービスです。

また仕事にブランクができたワーホリ・留学から帰国した私の様な人間でも20代と言うだけで優良な企業案件を紹介してもらえました。

 

DYM転職が保有している会社は全て正社員雇用のみですし、紹介先の会社は100%正社員求人で書類選考がスキップできてエージェントとの相談のみでいきなり面接まで進めます。

採用率もほぼ確実なところでした。

 

早くに就職したいという人におすすめでDYM就職は最短1週間で入社も可能な実績を持っています。

ちなみに私はここで受けた会社で利用してから10日目で一発で貰えました。

企業先はクリエイティブ系のエンジニア職です。

 

職歴や学歴に不安がある・ブランク期間やニートをしているなどの自分に自信がない人でも正社員になれるまでエージェントがバックアップとサポートを徹底的にしてくれる、とても面倒見のいい転職サービスです。

 

企業案件数 年間5,000社を超える企業のコネクションを保有
対象 20代向け・既卒・第二新卒・フリーター・ニート
ここが良い 学歴・経歴に自信がなくてもはじかれることがない
書類選考なしで面接ができる
100%正社員雇用として働ける会社が見つかる
最短1週間で就職先が決まることも
公式サイト DYM就職

 

 

20代専門の就職サポート『ウズキャリ』
ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリは既卒・フリーターの内定率83%以上を誇る無料転職サービスです。

 

対象としているのは最高学歴が高卒以上の18歳~29歳までの若者。

既卒者・就職浪人者、フリーター・ニート・大学中退者と社会人経験が無い人や、転職希望者にも対応しています。

 

ウズキャリのキャリアカウンセラーはなんと日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒です。

経歴が不安だったり学歴に自信がないという自信を無くした弱い立場の人間と同じ経験をしているからこそ、求職者の気持ちを理解し失敗をしない就職活動をするためのノウハウを伝えてくれます。

 

そして転職エージェントやハローワークなど仕事探し系のサービスを利用するとあるあるなのが就職に焦らされるという事。

しかしウズキャリは就職先を決めるのは人材紹介会社ではなく就活生自身だと念頭に仕事を紹介しサポートをしてくれるので、他紹介会社にありがちな、エントリーや入社を強要するような行為が一切ありませんでした。

 

自分のペースでしっかりと考えて転職活動をしたいという人に向いています。

 

また保有している全ての企業に訪問して労働基準を満たしているかを確認していて、基準を満たさない企業との取引は一切行っておりません。

つまりブラック企業は徹底排除された求人情報のみしか提供されないので仕事選びも安心できるし、その証拠にウズキャリを利用して入社された方の定着率は93%以上と非常に高いです。

 

企業案件数 登録企業数1,500社以上
対象 18~29歳の既卒・第二新卒・フリーター・ニート・転職希望者
ここが良い 初回2時間にも及ぶ入念なキャリアカウンセリング
紹介された会社への入社を強要されることはない
ブラック企業徹底排除
転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
公式サイト ウズキャリ

 

 

留学・ワーホリからの帰国後の就活は大変だけど行動しないことが一番危険

マイペースで進もう

帰国後の就職活動はハンデを背負っているとも言えるのでなかなか大変なことも多いです。

しかし行動へ移さなければずっと同じ状態のまま。

 

少しの事でもいいので何かに参加したり挑戦することで開けることもあるので、利用できるものは利用しましょう。

就職サイトに頼るのも良し、ボランティアやイベントに参加するのも良し。

 

行動した先に人が待っていて何かの縁ができ始めます。

留学での海外交流と同じですね。

 

本記事で紹介した転職エージェント

 

  1.  DYM転職
    ⇒20代限定で職歴不安な人やブランクがあっても10日で正社員雇用で会社が決まりました
  2. ウズキャリ
    ⇒エージェントがガツガツしていないので自分のペースで就活したい人におすすめ