20代後半になっても正社員になれない女はただ自分を卑下しているだけ【正社員になるための転職法】 – Abstract-ous

20代後半になっても正社員になれない女はただ自分を卑下しているだけ【正社員になるための転職法】

もう20代後半にもなるのに契約社員。

今いる会社からも正社員になる話は来てたのに無くなってしまった。

このままこの会社にいても正社員になれるのか不安になってきた。

 

まだ今は20代だから転職すれば正社員になれる可能性は残っていだろうけど、30代に突入すれば正社員への道はほぼ閉ざされてしまう。

そうなる前に転職したいけど、このご時世20代後半からの転職って厳しいそうで行動できない。

 

こういった不安をお持ちの方に読んでいただきたい記事です。

 

まず1つ言えるのが正社員を目指すのであれば29歳までならまだ間に合います。

正社員経験なしで30歳から正社員を目指すのであれば1つの壁のごとく求人の数がくんと減ります。

つまりキャリアアップで転職するのではなく雇用アップでの転職は30歳からは厳しいのが現実です。

 

私の経歴を少しお話ししますと本当に悪いもので。私は新卒での就職活動を失敗しニート→フリーター→契約社員として働いていました。

少しずつ雇用のあり方は良くなっていましたがなかなか正社員として働くことできませんでした。

 

その原因はまず仕事を探す段階でハローワークや自分で応募する転職サイトを利用して、正社員を紹介してくれる転職エージェントを使わなかったから。

正社員を目指すなら正社員雇用求人を専門に扱っている転職エージェントを利用しないと本当に遠回りになってしまいます。

 

 

20代後半に差し掛かってきていて未だに正社員の経験が無い女性。

増税したし今の日本の年金問題、また婚活でも非正規雇用のイメージが悪くなってきています。将来のあらゆることが不安だから正社員にはなっておきたい。

だけど今の会社では到底正社員にはなれそうにないし、転職しようにも行動に移せない。

そもそも職歴に自信が無く、正社員雇用を今更紹介されないんじゃないかと不安な方へのアドバイスになればと思います。

 

正社員になれなかったきっかけは新卒時代の就活失敗

失敗からの自己否定

新卒で就職活動って本当に怒涛です。

大学3年の夏あたりから約1年かけて何十社から人によれば100社を超えるエントリーをして就活に挑む。

1日に3つほどの企業説明会を受けに行き書類選考を待つ。

やっと面接ができたとて最終面接で落とされてまた振り出し。

 

学生の頃の就活ってなんでこんなに会社側が権力握っているんだとも思いました。

とにかく就活って時間も労力もそして交通費などのお金もかかってきます。

 

これだけ大変な思いをしてもうまく行かず就職が決まらなかった私はひとまず卒業後はニートになったけど、またあのような就活をする気にもなれなかったし、何より会社に応募するというメンタルがなくなっていた。

アルバイトをいくつか応募して引っかかった接客の仕事で暫く働いていました。

 

この時点で本当に大きなミスをしてしまったなと思いました。

今だから分かるけど若けりゃ正社員として受け入れてくれる会社はたくさんある。ただ探し方が悪かった。

 

私は大学卒業後にフリーターをしていましたが、このまま年を取るのはさすがに危険だと思って1年半働いてからやっと再就活へ行動を移し出しました。

そこで頼ったのがハローワークの若者支援。ここが今思えば最悪で社会人経験のない20代はハローワークの例え『若者支援』のところであってもおすすめできない。理由は若者支援とは名ばかりで、ただ未経験からでも入れる可能性のある仕事を紹介してくるだけ。

 

会社とのマッチングや、雇用、待遇などは面接行って受かってから考えろといったような感じでした。

未経験募集とある求人でもスキルを求められる職種がほとんどでした。ハローワークの求人は社会人経験の浅い若者にとってはハードルが高いという感想です。

 

こういった社会においての情報弱者な若者の転職を良質なものにしたいのであれば始めから『完全未経験から正社員になる』ための求人を紹介してくれる転職エージェントを利用すべきです。

正社員としての就活は契約社員や派遣社員として雇用されるより採用のハードルが上がりますが、最初から無理だと決めつけて雇用を下げる必要はありません。

 

挫折経験から挑戦する会社と雇用のランクを下げている

自ら本来の能力を下げている

大学時代に受けた会社が全てダメだった衝撃は本当に辛い。落ち込みましたし自分では働ける会社がない、自分は無能なんだと本当に鬱状態でした。

 

しかし学生でもなくなり肩書が消えたら何かしないとどんどん落ちぶれていきます。

会社を受ける自信をコテンパンにやられたのでランクを下げてアルバイトや非正規雇用なら受かりやすいだろうと20代前半で自分の価値を自ら下げて就活してしまっていた。

 

大きな挫折は自分の価値・評価を必要以上に下げてしまいますが、下げる必要は全くない。

むしろ就活では自分を自分でセールスしなければならないのに『私は社会で働く人材としてそこまでよくありませんよ』と自分で決めつけているなら就活しても誰も欲しがりません。

 

落ち込むのはいいが、決して過小評価する必要はない。

 

再出発が正社員として仕事を探すことが怖くなっていたのでアルバイトや契約社員なら会社員と比べて採用されやすいだろうという逃げ腰もあり妥協に妥協を重ねて自分の価値を自ら下げていった結果、20代後半になってくると余計に生きづらい状態に追い込んでしまっていました。

 

就活はそれなりに大変です。それが前提ですし、採用率は社会経済によっても大きく変動します。

ここで卑下せずに正社員になるための就活を続けていれば正社員として働いていた可能性は十分にあるのに、ある意味正社員として働くことを諦めてしまったつけが今押し寄せているような状態です。

 

それなら今から挽回してください。20代なら職歴不安でもまだ間に合うんです。

 

ぶっちゃけ私は25歳の時に契約社員として働いて26歳はアルバイト雇用で短期で働き、少し海外留学に行ってきて帰国後にかなりブランクを作って28歳の時に正社員雇用として就活を始めましたが利用する転職エージェントで正社員雇用として採用してくれる会社はまだまだたくさんあるんだと実感しました。

私が利用したのはブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】で紹介しているエージェントで正社員として内定を早期で貰えましたし、今の職歴を活かした職種で正社員を目指したいなら転職4回経験して本当に役に立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント【保存版】で紹介している転職エージェントは必須で利用しましょう。

今すぐ転職というわけにはいかなくてもエージェントに相談して準備は始めておいた方が良いです。転職活動は平均で3~4か月かかりますし、長い人は1年かかります。動いたその時から数か月後、1年後の自分が違ってくるのです。

 

正社員経験なしでも20代は強いと感じた話

話は少し省きますが私は28歳の時に日本での社会人経験は契約社員10ヶ月程度で後はアルバイト雇用だけだったのですが20代特化型転職エージェントや大手転職エージェントをいくつか併用して転職活動したことで、この年齢からでも正社員として内定をいくつかもらえました。

 

まず多くの転職エージェントでは職歴不安な方(主に勤続年数が少ないか非正規雇用でしか働いたことがないなど)でも正社員雇用の仕事を紹介できる年齢が29歳までとしているところが多いです。

大手どころのdodaやリクルートエージェント、マイナビなども利用してみて実際に担当のコンサルタントに言われたのが『30歳を超えてきて正規雇用の経験がないならまず職種は選べませんし、紹介できるお仕事も少なくなってしまいます。』と。

世間的に言われていることですが、30代40代でも転職は可能ですしどんどんキャリアアップされている方もいます。ただそういう方ってそれなりの経歴があるんです。

 

自分が仕事でできる能力ももちろん重要ですが非正規か正規雇用かっていうのは転職活動において大きなポイントとなっているんだなと痛感しました。

今はまだ20代であるから非正規雇用だったとしても転職に有利ですが30歳代になってきて非正規雇用とでしか働いたことがないけど今から正社員を目指したいとなるとなかなか難しくなってきます。

 

ただ可能性の幅が減るだけで、30代でも非正規から正社員への転職は可能ですがより可能性を広げて楽に転職するなら今のうちに準備は始めておくべきです。

 

関連記事:転職4回経験して本当に役に立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント【保存版】

 

契約社員や派遣どまりで悩んで行動できないのは保守的だから

保守的に最悪のルートを選択

いくらでも挑戦できるタイミングはあったのに非正規雇用で働いている、そして未だに正社員になるための行動に移すべきか足踏みしているのって保守的すぎるからでしかない。

 

契約社員であろうと会社を辞めるのはリスクがあります。しかしそのリスクを背負わない限り新しいことはできないし正社員としての道ももちろんありません。

リスク失くして欲しいものを手に入れる事なんてまずないということを念頭に置かなければならない。

 

雇用形態を妥協もしくは成り行きなどで契約社員などで働いている方で正社員の人との働き方で違いは何だろうと思う事があると思います。

私はありましたので。

 

私が契約社員として働いて半年は経つ頃にはプロジェクトのメイン担当を任されるようになったり、それなりに正社員の方々と同等の責任と、残業を強いられました。

ここで私が疑問に思い始めたのは自分の雇用は契約社員だけど同じ会社の正社員の人と何一つ変わらない仕事ができていること。

しかし契約社員なのでボーナスも特別休暇もありませんし、退職金も出ませんでした。

 

自分の職業レベルは十分に正社員として雇ってもらえるのに会社の都合や、その会社での入り方で不利な雇用として働かされている。

契約社員なんて会社からすれば使いゴマのようなものです。経営が悪化すれば真っ先に切られるし、正社員の話が出ていると言っていたのになかった事になることも大いにある。

最初から正社員で雇えない会社は社員に責任を持てないような会社ですので、そんなところにしがみつく必要はないと今だから言えます。

 

私の知り合いで飲食店で働いている方がいるのですが、契約社員として5年も働いているのにいまだ正社員になれず年齢は32歳になったとか。

なぜその職場を辞めずに5年も非正規雇用のまま居続けたのかと言うと会社側からは何度も『そろそろ正社員にしようと思う』と言う話が度々あったようだけど、内部で何かあったのか正社員の話は流れてしまい会社の都合に踊らされていました。

こんないい加減な会社はもちろん責任なんて取りません。

思い切って会社を辞めて正社員の道を探すか、諦めてそこに居続けるしかない、非正規で働くって本当に不利だなって思いました。

 

これって自分が保身に走り過ぎた結果でもありますよね。不満ならいつでも辞めて新しい道を進むことだってできた。

その可能性をリスクを恐れすぎて選ばなかった自分のせいでもあります。

 

また20代でリスクを考えるのも早すぎますしそこまで重くとらえる事でもない。

40~50歳になってくるとさすがに詰んではきますが、20歳代なら挑戦してください。

 

20代ならリスクよりも可能性の方が圧倒的に高いのですから。

 

非正規雇用でも正社員と変わらない働き方なのに待遇は譲歩されない不満

契約社員として働いていた時の愚痴です。

 

雇用差別による待遇に不満を抱くと長続きしないなと思いました。ボーナスや正社員にだけある特別休暇や、昇給などが一切ない。

せめて契約社員として雇うなら残業はなし、もしくは残業代をちゃんと時給で出すなどをしてくれればまだよかったかもしれないがガッツリ毎日3時間くらいの残業をして、いわゆるサビ残でした。

 

何度か不満を漏らしつつ働いてはいたけど、自分の雇用を会社に利用されているだけなんだと分かった時にこの会社に長くいても仕方がないなと思い始めました。

 

20代のうちに正社員になりたいという願望があるなら契約社員として働いているのは本当に時間がもったいないです。

なりたいものになるための努力をしないなら願望は捨てましょう。

 

手取り14万で12年も働いて愚痴ってる人は何故その環境を変えないのか考える『自分も同じだった』

保守的で、現状を変えようとしないのに不満ばかり言う人って何年も何年も低年収で雇われ続けてただ働きぶりだけ搾取されるような駒人間として会社に使われます。

 

世の中には手取り14万円で12年間働いている人もいますが、これって何故なのか。

ただ挑戦することに怠けていて今の現状がかなりきついのにそれに気づこうとしていないから。

ただ現状が最悪なのは認めてはいるからSNSなど不満を吐露するが、逆に考えてなんでそんなところに12年もいるの?さっさと転職を使用としない方がヤバいとか、12年もあれば資格とるなりして自分に価値を付けられるのにとか声が上がっている。

 

雇用形態も給料も自分が選んだ会社だからそうなっている。つまり自分が結局悪いんだと思うべきだと思いました。

今に不満があるなら、自分を変えるか、環境を変えるしか方法はないです。

 

転職はあまり何回もしたいとは思えるものではありませんが、今の雇用に不満があるなら根本的に変えてくれるのも転職しかありません。

20代のうちに行動へ移さないとどんどん転職活動が難しくなってきます。

 

行動を思い立ったのであれば今からしてください。明日明後日と先送りにしている人は本当に永遠にその日は来ないので。

 

女性でも正社員が求められる時代『正社員の道を逃した場合の覚悟』

日本の将来と自分の幸せ

少し暗い話ではありますが、現代の日本社会では女性も正社員で無いと結婚はまず難しくなってきます。

今の時代男性だけでは十分な稼ぎができなくなり共働き夫婦が増加しています。

男性側も経済を少しでも支えてくれるパートナーでないと将来を考えられないと付き合う対象からまず除外してしまう。

結婚した場合夫婦での安定した生活も大事だが、子供を育てたい場合は特に女性が働いているか、そして正社員であるかはもはや必須であってくれというような状況です。

他にも夫の勤めている会社が倒産あるいは解雇にあった場合でも妻が正社員として会社で働けているのであれば著しい家庭での経済崩壊は無くなります。

こういった懸念があるため男性側も女性に対して安定した収入と、働き方である正規で働いているかという基準が重視されるようになってきました。

 

もう一つ大きな不安としては年金問題もそうですが2019年から中国から発症したコロナウイルスの影響により経済も悪化。

オリンピックが延期になり多くの店が経営難となり閉店を余儀なくされています。

これは会社でも同じことです。経済が回らなければ会社も生き残れなくなる。養える優秀な社員のみを残して後はクビを切ります。

これを機に非正規雇用の方がばっさばっさ職を失うニュースが飛び交っています。

 

契約社員で働いていた知り合いの話ですが、コロナウイルスが流行るずいぶん前に自分より優秀な人材が見つかったからと突然次の契約更新は終了となり、実質クビになった人もいますので経営業況が悪ければもっと過激化していたことでしょう。

 

ウイルスによる社会情勢の激降下は予想外の事態ではありますが、日本の高齢化社会によって若者が生きづらくなっている経済形態であるのは前から続いていたことではありました。

不安定な雇用で尚且つ働いた報酬としては十分でないのに、年金や税金で出て行くお金はたくさんある。

将来不安な状態で働き続けるのは今の時代本当に自己責任です。

 

経営悪化する前の数年前の話でも聞こえてきた話ですが非正規雇用はまず会社が何らかの事情で経営が悪化したり、自分に能力が見込めない、または正社員だったらクビにするほどでもないようなミスでも簡単に解雇処分、更新終了などで職を失う事が簡単な雇用形態なんです。

 

契約社員や派遣社員などの非正規雇用は本当に何の保証もしてもらえない働き方です。

もし将来の安定と安心を考えるのであれば正社員を今から目指して転職活動をすることはとても賢明な判断です。

 

非正規雇用は今後生き残れない理由

 

  1. 結婚するには不安に思う男性が多い
  2. 結婚しても子供を育てられない
  3. 非正規雇用は経営悪化で即クビの対象
  4. 年金制度が崩壊したので十分な貯蓄がいるが不安定な働き方

 

将来においての備えとしても今から正社員を目指すべきなのは言わずもがなです。

 

私が実際に利用して正社員になれた転職エージェントで秘跡雇用でもあるし職歴が1年ほどという方はブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】で紹介している20代特化型のエージェントに相談してみましょう。

非正規雇用の方や、今の職種やスキルを活かせるキャリアアップ転職をしたい方は転職4回経験して本当に役に立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント【保存版】がお勧めです。ちなみに非正規雇用で職歴1年未満しかなかった私でも利用できました。

 

女だから・職歴に自信がないからと正社員は難しいと決めつけない

自分の価値を決めのは社会ではなくまずは自分

今更正社員を目指すなんて遅いかなと『自分には無理ではないか』と決めつけているのは社会ではなく自分です。

 

また転職活動でして欲しくないのは自分の価値を悲観して会社を探すこと。

求職者と募集企業は本来対等なんです。

 

会社から採用通知がもらえてもこちら側に断る権利もありますしその逆も然りです。

 

正社員になるための転職活動で何社かお断りの通知が来ましたがこれは自分と会社とがマッチングしなかったから。

採用された会社もありましたが辞退したこともありました。

理由は自分がここは妥協したくないという待遇や仕事内容がマッチングしていなかったから。

 

正社員になるために必要なのはステップアップするための行動力と自分の価値をしっかりと知ることです。

 

非正規雇用やフリーターで何年も働くことはこのままでいいやと妥協すれば続けられますが、不安な気持ちや世間体の評価などによる引け目を感じているならそれも一緒に背負っていくことになります。

 

20代後半なら最後のチャンスです

経歴に左右されない最後の期間

25歳も過ぎて30歳を目前にしているならその期間は最後のチャンスです。

29歳までなら今までの職歴に自信が無くても正社員雇用として雇ってもらえる会社は本当に数多くある。

それが30歳になるとがくんと応募枠も採用率も下がってしまうんです。

 

年齢による差別は日本特有ですが仕方がないことです。受け入れる会社も仕事を紹介してくれる就職支援サービスも口をそろえて30歳までと唱えてきます。

本気で正社員になりたいなら今から行動を始めましょう。

 

私の体験からハローワークは正社員雇用歴がないものからすると劣悪な求人やブラック企業などを勧められて人生棒に振る可能性があるのでおすすめできないです。

 

今後生きづらくなる日本で非正規雇用と正規雇用との差別化はどんどんきついものになっていくことが予想されています。

可能性があるうちに行動し始めるのは後々にあの時転職活動に踏み切っておいてよかったと思えます。

 

恋人とのおつきあい、結婚、趣味、子育て、増税問題、年金など生きる上で不安となってくる要素は経済です。

働き方が不安定であるという事は自分が生きるためのお金も不安定という事です。

 

そんな不安を抱えないために正社員になるための活動を今から少しづつ始めてください。

 

人気記事転職4回経験して本当に役に立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント【保存版】

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】