ウィンテック留学センターの評判ってどうなの?実際利用したから暴露する

語学留学やワーキングホリデーをしたいけどどの留学エージェントがいいのか分からない。

ウィンテック留学センターってネットの広告や街でもよく見かけるし、英会話スクールも実施しているみたいだからこれから留学行くのによさそうだな。

とはいえ、他にも多くの留学支援サービスがあるから本当にここでいいのか利用経験者の話を聞いてみたい。

 

こういった疑問に答えする記事となっています。

 

私はイギリスとオーストラリアへ2カ国留学をしたのですがその時に利用したエージェントがウィンテック留学センターになります。

 

結論を先に言いますと、おすすめしませんし、ボッタクリに遭います。

 

ウィンテックは手数料やサポート料が有料となっているのですが、他の有名で実績のある留学エージェントはこれらすべてのサポート料が無料です。

 

今どき留学エージェントに手数料やサポート料にお金を払うのはボッタクリも良いところです。

留学エージェントはしっかりと紹介料として留学先の学校からお金をもらっているので、利用者は無料でもやっていけるのが現実です。

手数料やサービス料などにお金を払ったのだから何かあった時はちゃんとしてくれているのかなとも思ったのですが、海外在住時のトラブル対応は耳を疑うような事ばかりで本当に最悪でした。

 

私だけでなく留学先でもウィンテック経由で留学しに来ていた日本人が5名(私含めて6名)とワーホリでも1人ウィンテックを介して来ていた人の訴えを聞いていたので、この身近な利用者に対しての対応も酷いものでした。

 

ウィンテック留学サービスが気になるけど実際どうなのか知りたい、個人面談に申し込んでしまったけどどうなんだろうという方は、是非参考にしてください。

 

手続きの書類管理が適当だった

手続きが不安

海外留学やワーキングホリデーに行ってみたいけどそのためにどんな準備が必要なのか分からない。

 

どの国にするか、学校はどこがいいのか、VISAの申請の仕方、必要書類、保険などやることがいっぱいありそうだけど、何をしたらいいのか分からない時の窓口が留学のためのエージェントです。

 

私の場合3か月イギリス留学とその引き続きでオーストラリアに留学兼ワーキングホリデーをしました。

2カ国分の学校の申請や、イギリスでは学生VISA、オーストラリアではワーキングVISA。

全然わからなかったけど、留学エージェントにお金を払って任せました。

 

しかし私が選んだ留学エージェントの対応は終始不安なものでした。

 

そのエージェントとの書類の作成の段階での話。

 

“あれ、あなたこの書類作ったっけ?

そういえば保険の申請ってしてたっけ?”

 

と任せていることなのにこちらに確認が来たりし、結果的にはしっかりやっていたのだけど書類作成の段階でずぼらな部分が見えていました。

またやり取りは全部ため口でした。

 

管理も適当なのがみえ

“ここ利用して本当に大丈夫なのか”

と何度も思いました。

 

その利用させていただいた留学エージェンシが『ウィンテック株式会社』。

 

担当が悪いとかではなく会社的に少しおかしな接客対応(?)だと思いました。

その理由は私以外のウィンテックを利用して留学に来ていた数名の日本人も同じようなことを言っていたし、実際にトラブルが起こった時はかなりひどい対応でみんな怒っていましたね。

 

有料だから仕方ないかと費用の面は考えていたのですが同じサービスをしてくれる留学エージェンシで無料の機関も複数あります。

無料のエージェンシは書類の手続きやサポートが無料です。

 

有料機関を利用するよりも無料の留学エージェンシを探しましょう。

 

見積もりなどのお金の話がかなり適当 支払額が繰り返し変更される

結局なんぼなん?

私は最初イギリスへのワーキングホリデーを申請していたのですが抽選に落ちてしまったため急遽別の国にシフトする流れをしました。

それを踏まえても最初に見積もってくれてた金額が140万円ほど。(宿泊、学費、保険、航空券etc…)

ですが実際に請求されたのが170万ほどで30万円も値段が変わってきました。

 

また最初のイギリス留学兼ワーホリの話の時は100万あれば行けるという説明を行けました。

が、実際にはイギリスのみでも140万ほどでしたのすでに40万ほど超えていて、こちらの計算がかなり狂いました。

 

多く見積もって少なくなるのはありがたいが少なく見積もられて数十万単位で差が出てくる。

しかもこちらが留学の手続きなどをお願いして、私が作成しないといけない書類などを集めたりと準備に取り掛かり、プログラム申請金とかの前金などを支払って身動きが取れなくなってから価格変更を受けました。

 

正直数万円ではなく数十万と0が一つ違っているのはこちらが計画しているどれくらいお金を貯めないといけないかのという貯金事情、そしてそのために生活をどう切り詰めるかというプランがなし崩しにされかなりきつい節約をしました。

 

実際にあった悪対応

海外でやはりトラブルにあった際に不安です。

だからエージェントに高いお金を払って契約し助けが必要な時に助けてもらう機関を設けたのですが一番重要で助けが欲しいときには非対応でした。

 

トラブルの内容いくつかまとめます。

 

  1. 留学中の学校生活でトラブルが起こったが数日放置
  2. クレジットカード紛失
  3. 途中で学生ビザからワーホリビザに切り替え

 

クレジットに関しては死活問題です。

すべて私が抱えたトラブルではありませんが、同じ学校で出会った日本人が同じ店舗でのウィンテックのエージェントを使っていたのでいろいろ話を聞きました。

 

学校でのルームメイトが同部屋で異性を連れ込みラブホ代わり

まず学校の話はかなりひどいです。

ルームメイトの不祥事に対し、どうしたらいいのか何とかしてほしいと訴えたところ、連絡が3日ほど来ず…。

 

やっとこ返ってきた返事が

“海外なのでそんなこともありますよと返ってきました。”

 

またこれらのメールのやり取りは全てため口で行われました。

 

この事件が起き私はお金を払って不快な生活を送り続けている状況でした。

 

事件の内容は私の英語レベルではとても説明できるものではなく、ややこしい話を英語でイギリスの学校にうまく伝えられる自信はもちろんありませんでした。

ネイティブレベルでも難しいと言われましたね。

 

なので契約しているエージェントに相談をすることにしました。

英語がうまくできないしどう説明したらいいのかもわからないから学校にこの出来事を伝えてほしいとエージェントに連絡しても取り合ってもくれず、やっと来た返信はめんどくさいのでスルーしたい気持ちがありありと感じる内容の返信メールでした。

 

私の他に同じウィンテックを利用していた日本人留学生が周りに数名いたためこの事態を団体で訴えたら会社も動くんじゃないかと協力してくれました。

みんなそれぞれの担当にその事件の事を訴えてくれましたね。

ほんと嬉しかった。

 

大勢で動かないと動いてくれないんだなってこの時学びました。

幸運にも同じエージェンシーの仲間が訴えをみんなで伝えてくれて、やっと学校に取り合ってくれましたが、何も変わりませんでした。

 

変わらなかったのは学校側の理解がなかったからだと思うのでエージェントに対しての非はないのですが、その前の動きがあまりにも遅いなと感じました。

周りのウィンテックを利用している留学生も不信がっていました。

 

その時の事件の詳細について

 

[nlink url=”https://abstract-ous.net/experience/trouble-residence”]

 



クレジットカード紛失して困っているのに問題解決は自分でして

クレジットカード紛失はかなりつらい、死活問題です。

海外ではクレカはとても主流で現金をあまり持ち歩きません。

 

なので我々留学生の多くはクレカが盗難や紛失にあった時も別のカードでしのぐためにキャッシュパスポートというクレカの保険カードを作りお金を分散して管理します。

しかし主となるクレカが紛失や盗難にあった際は結構手間がかかります。

 

紛失の件をまず保険会社に連絡しどう行動したらいいのかは分からないため、やはりここでもエージェントを使いたいですよね。

 

ですが返ってきた対応は

“メールに添付した書類のデータをもとに自身で申請してください。”

この書類はすべて英語で作成しなければなりません。

イギリスで起こったことなので。

 

あまりにも丸投げでした。

語学を学びに来ているのでそんな特殊な書類を解読するだけでも大変苦労しますし、これでいいのかという不安もあります。

どうやら個人情報などを含む者に対しては手を付けれないので自分でやってということらしいのです。

 

被害に遭った日本人留学生は学校の担任の先生と事務員の方の協力をえて書類を作成しておりましたね。

本来はエージェントがするようなサポートを留学先の職員の人たちに助けてもらうとは。

 

クレジットカードに関するトラブルは最もよくあることであり、そして重大な事件でもある。

エージェントが対応できないなら他の日本語がわかる期間に繋げて専門的に対応してくれる部門などもあるはずなのにそのアドバイスすらなかったそうです。

本当にこんな対応が一般的なんでしょか。

 

新しいクレジットカードを再発行するためにパスポートと学生証などの身分証明書が回収されるためその期間は身動きは取りずらいのでお気を付けください。

イギリスではお酒を飲む場(hubなど)ではパスポートの提示または身分を証明する学生証が必須になりますのでこの期間は飲みに行くことが困難です。

 

途中で学生ビザからワーホリビザに切り替えの相談も無理の一点張り

こちらは学生ビザでイギリス留学に来ていた日本人が滞在中ににワーホリの抽選に当たり、就労用のビザに切り替えたく相談した際に返ってきた返事が

 

“そういうのは聞いたことないのでできるかわかりません。”

 

こちらも分からないからプロの機関を頼って聞いているのにまさかの返事でこの日本人もあきれていました。

 

もうエージェントとは関わることを諦めて

“もういい、自分で調べて先生とかの力借りて何とかやってみる。”

と自分で調べたり詳しい人を探して聞いてみたりして何とか作成していました。

 

そしてイギリスのワーキングVISAの作成はもちろんすべて英語です。

 

こういう書類の作成はかなり難しく、英語がまだまだ未熟なものからするとかなり不安であり分からないことだらけです。

 

いざという時に何の助けにもならなかった。

対応からラフすぎる、不適切、遅い、いろいろ言い方はありますが多額なお金を払ってこの対応は詐欺に近いと思いました。



有料だった意味がまるでない

留学のエージェンシは有料しかないと思い込んでいたのですが留学エージェンシーは無料の機関もあります。

もちろんトラブルに巻き込まれた際にしっかりと対応のあるものです。

 

同じイギリスの学校で別のエージェンシを利用していた日本人がいたのですが、その人はエージェント利用料などは無料だったと言っていました。

そしてイギリスにも支店があり何かトラブルがあったりしたらリアルタイムで連絡ができるからメリットも大きい。

 

ウィンテックは日本にしか会社がありませんので、何かあった時は9時間の時差を待たなければなりません。

トラブルが起こった時はずっと不安で仕方がありませんが大きな時差の時間を待ってやり取りをするためスムーズにことが進みません。

 

日本時間の営業時間になればすぐ連絡が来ると思っていたが数日連絡が空くことがあってあまりにも遅すぎました。

 

有料のエージェンシだから何か特別な対応で守ってくれたり、迅速だったり、融通が来たりという事は一切なかったことが身に沁みました。

 

留学エージェンシを選ぶときは手続きやサービスなどが無料で、留学先に支店があるところを利用するのをお勧めします。

 

おすすめの無料の留学エージェント

まず利用者の満足度が高く尚且つ無料で留学やワーホリの手続きをしてくれる留学エージェントを紹介します。

 

留学を検討するなら早めにエージェントに申し込む必要があります。

いざ申し込んだけど旅行のように次の大型連休にサクッと行けるようなものではありません。

 

国選び、都市選び、住む場所はどこにするか、学校探し、など決めることが本当にたくさんあるし人によったら数か月かかります。

そして留学するためのビザ申請や飛行機を抑えたり、英語学習も始めておく必要がある。

 

私は留学を決めてから出発するまで約9カ月かかりました。

早い人でも3ヶ月くらいの準備で行く人もいましたが、話を聞いたらほんとに駆け足でかなり慌ててきたといっていました。

 

半年から1年準備がかかることが割と一般的ですので早め早めの行動をおすすめします。

 

それではおすすめの留学エージェントについて紹介しますので気になるエージェントがあればひとまず無料相談を申し込みましょう。

 

オーストラリア留学ワーホリ専門の留学エージェント【YAC Agency】

YAC Agency
会社名 株式会社YAC
対象者 18歳以上
3ヶ月以上のオーストラリア留学・ワーキングホリデーに興味がある方
対応国 オーストラリア(専門)
フィリピン
サービス内容 手数料・サポート料0円
無料セミナー開催
帰国後も専任プランナーがサポート
対応地域 全国
東京の新宿にオフィスあり
地域の方はオンライン・電話対応可能
ここが良い ・オーストラリア専門の留学エージェント
・カウンセラー全員がオーストラリア留学ワーホリ経験者
・オーストラリアの紹介可能の語学学校120校越え
・カウンセリング・サポート・手数料全て完全無料
・顧客満足度98.4%
利用料 無料(留学費用のみ)
公式サイト オーストラリア留学エージェントYAC Agency

YAC Agencyオーストラリア専門の留学エージェントで留学・ワーホリに関して無料でフルサポートしてくれます。

他社とはもちろん自力で手続きを進めるよりもYACに任せる方が安価に留学が実現できるという点は大きな魅力となっています。

 

提携学校数はオーストラリアだけでも120校超えとオーストラリアに留学やワーホリに行きたい人はココを利用しましょう。

 

オーストラリア専門でありながら、フィリピン留学との2カ国留学にも対応もしています。

何より手数料やその他利用料などは全て無料で安くて安心のエージェントと顧客満足度98.4%(2019/10現在)を誇っています。

 

ワーホリに行く国がオーストラリアに絞っているならまずは無料相談に行ってみましょう。

 

新宿にオフィスがありますので来社可能な方は対面での無料相談が可能です。

地方の方でも来社不要で電話対応で全国対応しています。

 

オーストラリアに留学を検討しているならYACエージェントは優良なエージェントです。

まだ検討中な方でも気になる疑問を無料で電話相談できますし、資料請求も無料です。まずは少しでも具体的な情報を手に入れましょう!

 

 

全く何も決まっていないなら日本最大級の留学支援【School With】

School With
会社名 株式会社スクールウィズ
対象年齢 10代~30代の留学、ワーホリを検討されている方
対応国 フィリピン
オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
アメリカ
イギリス
アイルランドなどワーホリ地域多数
留学できる語学学校を32カ国、1028都市、3985校を掲載
サービス内容 ・留学・ワーホリを検討されている方への無料セミナー・説明会実施
・英語学習サポート
・帰国後の就職・キャリアサポート
対応地域 全国
東京・大阪にオフィスあり
地域の方にもLINE・Skype・電話対応可能
ここが良い ・カウンセラー全員が留学ワーホリ経験者
・日本最大級の口コミ数・経験者からリアルな口コミが聞ける
・セミナー・説明会・カウンセリング全て無料(オンライン個別面談可能)
・語学学校については日本一を誇るのでワーホリとセットで行きたい人に強い
・留学申し込みで32,779円お得になる
利用料 無料(留学費用のみ)
公式サイト https://schoolwith.me/

School With(スクール ウィズ)は日本最大級の留学総合サイトを運営している留学支援サービス界でも老舗のエージェントです。

School Withの強みは国内最大級の留学情報を網羅しているので価格で比較したり、語学学校のシステムで比較したり、留学中の旅行や、イベントごとや国での暮らしなど実際に留学してきた経験者や卒業生からの口コミが豊富ですのでいろんな国や誰かの体験談を聞いて比較したいならSchool Withが一番です。

なので留学やワーキングホリデーをしてみたいけどまだ国すらも決まっていないという人はSchool Withで自分にぴったりの留学プランを一緒に考えてもらいましょう。

 

またSchool Withでも留学中のトラブル対応はもちろんですが留学帰国後の就職サポートで東南アジアでの就職サポートを斡旋してくれています。
留学して就職コースを考えている方にもおすすめです。

 

School Withは東京と大阪にオフィスがあるので来社できる方は対面相談がおすすめですが地方の方でも電話やSkypeでのオンライン上での相談、個別面談が可能です。(コロナにより外出自粛によりオフィスがあるエリアでもオンライン面談も対応しています。)

 

School Withで無料相談する方法

 

公式サイトより『無料で相談する』より個別相談を受けてみましょう。

LINEでの相談は留学を考え始めたばかりの方の初心者の方におすすめです。

 

ある程度留学やワーホリすることへの考えがまとまっていてじっくり相談したい方や具体的な話(留学費用やある程度のプラン、英語力など)を相談したい場合は『個別面談』に進みましょう。オンラインでも個別相談は可能ですので是非気軽に受けてみましょう。

 

 

ワーホリしたいのに貯金ができないなら生活を変えろ

目的のために

留学したいけどお金がないし貯金もなかなか難しい人は生活を変えましょう。

 

とはいえ生活を変えるといってもどうすればいいのか分からないという人におすすめなのが留学費用を貯めるための住み込みバイトのリゾートバイトを提供してくれお金が貯まればそのまま留学やワーホリに行くプランを提供してくれる『留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】』がおすすめです。

 

留学には国にもよりますが半年から1年だけでも100~300万円は必要です。

一人暮らしでお勧化が貯まりにくい人、バイトをしているけど収入が少ない人などに言いたいことはちまちま貯金していたらあっという間に2~3年経ってしまいます。

留学には年齢制限はありませんが自分が自由に動けるタイミングってそんなに多くはありません。

 

働いている方でしたらその仕事を辞めて留学へ行くことになるので、留学行くと決めたけどお金がなかなか貯まらになら今の環境や生活を変えることをおすすめします。

 

0円で留学・ワーホリしたいなら【Global Dive】

Global Dive
会社名 株式会社ダイブ/Dive Inc.
対象年齢 10代~30代の留学、ワーホリを検討されている方
対応国 フィリピン
オーストラリア
マルタ
カナダ
アメリカ
イギリスなど計19カ国
サービス内容 留学・ワーホリを検討されている方への無料サポート
留学資金のための住み込みバイトプランで0円留学が可能
英語学習サポート
帰国後の就職・キャリアサポート
自分だけのオーダーメイド留学プランを提供
対応地域 全国
東京・大阪にオフィスあり
地域の方にもLINE・Skype・電話対応可能
ここが良い ・カウンセラー全員が留学ワーホリ経験者
・紹介する語学学校はすべて現地視察を実施
・カウンセリング・サポート・手数料全て完全無料
・0円で留学・ワーホリができる
利用料 無料
公式サイト 手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

Global Diveの最大の魅力はゼロ円で留学・ワーキングホリデーに行ける事です。

 

ゼロ円と言っても自分でしっかりと働いて行くのですが、Global Diveのゼロ円留学プランは日本で住み込みのリゾートバイトをしそのお金で留学やワーホリに行くというやり方です。

住み込みですのでダイレクトに貯金が貯まります。

 

平均として3ヶ月で30万貯めて1ヶ月留学、6ヶ月では60万貯金で3ヶ月留学し現地で語学を身に付けてワーホリに移行するというプランです。

 

またGlobal Diveは帰国後の就活支援が他社にはない面白さがあります。

帰国後にGlobal Diveのサービスでの紹介でリゾート系の仕事に付くことが可能ですし、また興味深いのが帰国してからも日本ではなく世界中を飛び回りたい人向けの旅人採用として海外を旅する仕事をしている日本人を輩出しています。

もちろん帰国してから自分で就活するのも自由ですがひとまずの受け釜があるってめちゃくちゃ安心しますし、他の就職先でもしっかりと相談に乗ってくれます。

 

ワーホリしたいけど貯金がなかなか貯められない人や、帰国後の就職活動が不安だという人は一度プロのカウンセラーに相談しましょう。

もちろん相談は無料です。

 

対応している海外もフィリピン、オーストラリアをはじめ、アメリカ、イギリス、カナダなど計19カ国と豊富です。

いろんな国と比較してまずは現地を決めたい人にもおすすめです。

 

※オフィスは東京と大阪のみですが地方在住の方でもスカイプ、Line、電話でのサポートが万全です。

 

公式サイトは下のリンクより

 

留学・ワーホリの満足度はエージェントで大きく変わる

信頼できるサポーターを

海外に行ってトラブルにあってしまうのは仕方がない事です。

しかし問題はその対応をどうすべきか、納得のいく解決ができれば別にトラブルって怖いものでも嫌な思い出でもありません。

 

自分が安心する結果になれば経験値としてこんなこともあったなと海外での常識を知るきっかけになるからです。

 

それを留学やワーホリ、旅行でもそうですが手続きなどをしてくれるエージェントです。

 

海外自体が初めてで緊張しているし、不安ななかトラブルや事件に巻き込まれて余計にどうしたらいいのか分からない。それを安心させてくれて守ってくれるのが留学エージェントです。

 

せっかく契約して利用しているのですから海外で何かあった時にしっかりと守ってくれる留学エージェントを頼りましょう。

 

 

本記事で紹介した海外ワーホリ支援サービスまとめ

 

  1. オーストラリア留学エージェントYAC Agency:オーストラリア留学・ワーホリ専門のエージェント【2019年の顧客満足度98.4%】
  2. 相談サービス無料&保有留学学校最多!【School With】:日本最大級の留学支援サービスなのでリアルな口コミやサポートが充実!まだ留学・ワーホリについて何も決まっていないならココ
  3. 手数料無料の留学エージェント【Global Dive】:0円で留学・ワーホリを支援してくれる。リゾバで働いて留学してワーホリしたい大学生・社会人におすすめ