仕事でのパワハラに限界がきてブチ切れ即退職した【感情的になってやっと抜け出せた】

日常的に職場の上司にパワハラを受けていて耐えてきたけど、結果的にどんどん暗くなっていったし仕事にも自信がなくなった。

他部署の友達からも大丈夫?とは聞かれるけど助けられることはなかったです。

 

いつ気がふれてもおかしくない限界すれすれ状態だったのですが、上司に呼び出され『そんな態度で私についてくる気ある?クビにさせるよ?』と雇用を脅されるようなことを言われそれがきっかけで限界突破でしたが何とか耐えました。

パワハラに耐えて自分がどんどん暗くなって仕事へのやる気を奪っていった張本人に、そんな態度といわれる筋合いはなかったし、私は会社の経営者に雇われているのであって上司に雇われてはいないし給料も上司からもらっているわけではない。

立場が上だからといっても同じ会社に雇われている身です。それでも泣く泣く耐えました。

 

しかしその後に業務についての話を上司としなければならず、話しかければ『これ調べた?こんなのもできないの?出直してくれば?』と畳みかけるようにきついことを言われそれがきっかけで爆発し退職に至りました。

 

もっとひどいことはたくさんされてきたけど、限界を超えるきっかけってほんのわずかなことだったりもします。それだけ今までため込んできたものが大きかったということです。

 

ただ私を恐怖でコントロールして使いやすい人間にしようとしているようにしか思えず、日々の過重な仕事の押し付けや、いじめにも我慢してきたけど、こういうパワハラを受けていて耐えがちな人って何か感情的に衝動を起こすようなきっかけがないとなかなか行動に移せない。

それが大したきっかけでなくても今まで耐えてきたものが一気に破裂する感じで、結局はパワハラが慢性化しているような会社は辞める運命なんだなと感じました。

 

今働いている会社でパワハラを受けていて限界でもう会社を辞めたい。

とはいえ自分が損をして辞めるのは腹が立つのでちゃんと有給消化をし、パワハラが理由で働けなくなったのであれば会社都合で辞めることも可能です。

会社都合で退職が成立すれば90~最大330日間も失業手当が毎月受給されるので退職後の生活で困窮化することがまず避けられます。

 

私の実体験から感情的になって即刻辞めてしまっていろいろ損をしてしまったので、もう限界で会社にも行きたくないという人に一呼吸おいて賢く退職しパワハラを受けていて辛かった分しっかりと得を得ようという記事になっています。

 

 

本記事を勧める人

 

  1. 日常的にパワハラを受けていて限界がきている
  2. もう明日にでも会社を辞めようと考えている
  3. 泣き寝入り退職はしたくない
  4. 仕返しができるなら何かしてから辞めたい

 




パワハラに限界が来るのは本心である感情が勝ったから

辞めたい辞めたいって思っていてもズルズルとパワハラ環境の会社に居続けてしまう。

それはまだ我慢できていて理性で辛さをコントロールできていたから。

 

でもずっとつらい生き地獄のような環境にいればやがて限界が来るし、それは突発的なんだなって思いました。

 

今までめちゃくちゃな怒鳴りや、おかしな仕事の配分で不当に扱われたり、一番堪えたのは圧力的な言葉でプレッシャーを常に与えられたり、馬鹿にしてきたり人格否定してくるようなことなど耐えてきましたが、プツンと切れたときは今までとは比にならないほどしょうもないことでした。

 

また今までもっとひどいパワハラに耐えられてきたのに、それを動かしたの明らかな怒りからくる感情でした。

 

もういい!こんな上司と一緒に二度と仕事なんてしたくない。

 

人は感情で動かされているんだなってはっきり感じたときでした。

こういう感情的になるようなきっかけがなかったらそこからもまだズルズルとつらい環境の職場に通い続けていたかもしれません。

 

限界が来たということは自分の本心にやっと自分自身が気づけたことでもあります。パワハラに耐えてつらい環境に耐え続けるなんて人生本当に損しています。そこから抜け出す衝動が出てきたのならそのまま素直にパワハラ環境から離れましょう。

 

会社はいくらでもあるし、私自身転職は4回繰り返しましたが想像していたよりも別に難しいもので何でもありませんでした。

辛いなら行動したほうがずっと楽です。限界が来たなら即刻その会社は辞めましょう。

 

ブチ切れたきっかけで辞められた

辞めた経緯としては日常的にパワハラを受けていて、ずっと辞めたいとは考えていました。

ただ会社自体もブラックで休みがなくなかなか転職活動ができなくて八方塞がり。

 

転職先が決まってからじゃないと会社を辞めるのはリスキーだと思ってズルズルと働いていたけど正直在職しつつ転職活動をするって無理です。

結果的にどっちにも集中できないし本業である仕事をおろそかにはできないので結局転職活動を辞めてしまいます。

 

毎日毎日辞めたい、こんな会社行きたくない、またきついこと言われたり怒鳴られるのが怖くて仕事に自信がないと思いながら働いていました。

パワハラをしてくる人って本当に気分屋で機嫌をうまくとったり、損なわないように扱わないといけないので仕事をしに来ているのに人におびえながら働くって本当に変な働き方をしていたなと今だから思います。

 

めちゃくちゃなことを言われたり私を雇っている本人でもないのにクビにすると脅してきたりされたけど、きっかけは冒頭でも書いたように業務上での質問のやり取りで馬鹿にするようなことをイライラしながら言われて、その発言にキレてしまい『そのいい方は無いんじゃないですか?』と反抗しました。

そしたら上司に楯突くのかといわんばかりに罵詈雑言の嵐が降りかかってきてその上司の怒鳴り声と剣幕で職場がシーンとなったのを覚えています。

 

この時にやっと『こいつ無理。もうここすぐにでも辞めてやる。』と決心して就業後にマネージャーと総務と副社長で面談しました。

総務や副社長はいったん落ち着こう?一日休んでいいからと言ってくれましたが、この人たちも私が受けていたパワハラを知ってはいたのに助けてくれることは今までしてくれませんでした。

異動の話も出てきましたが能力的にほかの部署への異動は難しいのと、フロアは同じなので会社を辞めない限りそのパワハラ上司とは顔を合わさなければならない。

 

もう2度と顔も見たくないし声も聴きたくなかったので辞めることしか頭になかったけど1%だけ今後の転職について不安がありましたが、結果的に言いますと1つの厄介ごとをまず取り払わないと次への行動に移すのは無理でした。

 

私は会社を辞めて転職活動に本気を出せたので、転職先が決まらずに辞めたけど納得のいく行動がとれたのでよかったと思います。

職が失いことについて少し不安な方は、まずは今の問題を解決してから心配しましょう。一気にいろいろ考えても解決できません。

そして不安なら行動すべきです。転職活動に不安だったけど転職活動を始めていろんなエージェントに相談したり積極的に面接を受けに行くことで不安はなくなりましたし、その時は2週間ほどで1社から内定がもらえました。

 

【泣き寝入り退職した】パワハラは会社都合で辞めれるけど知らなかった

後悔したことはパワハラが苦痛で会社で働けなくなったのに『自己都合』で辞める手続きが進められたことでした。

パワハラが原因で働けない、会社を辞めるのであればしかるべき証拠などがあれば会社都合で辞めて失業手当をガッツリもらえるやり方があります。

泣き寝入り退職してしまった身として、まず有給を消化してから辞めることと、失業手当を正当にもらうために会社都合で辞めることが得策です。

 

1年以上働いているなら退職後に3か月は失業手当がもらえはしますが、パワハラで会社都合で辞められれば最高で330日間手当てが保証され、また受給も1週間後には始まります。

補償のされ方が大幅に違ってきます。

 

職歴1年未満であっても90日間手当てが受給できますので、辞め方もしっかり考えましょう。

 

ただ会社都合で辞めるって解雇でない限りかなり難しいのが現状です。

パワハラを受けていたことをまず立証するための録音などの証拠や、またメンタル的に病んでしまい通院していたのならその診断書が証拠になります。

それらをもってさらに会社に交渉するのは骨が折れますが、弁護士を利用すれば割とサクッと解決できるケースがあります。

他にも、もう明日から会社には行くつもりがなく今からでも退職したいという方で有給がまだ消化しきれていないのもかなりもったいないです。

 

有給は必ず消化してから会社を辞めましょう。

その分給料が減らされたり、また働いていた日数が少しでも伸びるのなら履歴書的にも有利になる場合があります。

 

弁護士対応の退職代行サービスの必要性

これらの交渉が無理そうだという方は弁護士対応の退職代行サービスの利用をお勧めします。

お金が掛かるから嫌だなと思うかもしれませんが、有給消化が出き、会社都合で辞めるための弁護側からのアドバイスがあれば辞めた後に大きく得をします。

また会社によれば急に会社を辞めることへ損害賠償を不当に吹っかけてくるところもありますが、そんな脅しは弁護士には通用しません。

退職に当たるトラブルを全部代行し解決してくれるので弁護士のいる退職代行サービスはこういった気持ちに限界がきて突発的に辞めたいと考える人にとっては大きなメリットです。

 

退職代行サービスでも弁護士が対応していないところはただ会社を代わりに辞めるだけの業者ですが、専門の弁護士と連携をとっているところであるならば有給を消化でき、残業代もしっかり貰い、またほかにも法的にパワハラ野郎に仕返したいことを考えるのであればそのことについても具体的な話が貰えます。

例えばうつ病になってしまって通院しているのなら労災が下りたり、上記でも説明している会社都合で辞めて失業手当をしっかり貰うという辞め方など。

ただあくまでも退職代行サービスですので会社都合での退職について会社が承諾しない場合は自己都合退職になりますが、パワハラを受けていた証拠などがある場合はそのあとにハローワークで会社都合としての退職に切り替えられるようです。

こういった具体的な話も弁護士や退職に詳しい専門家に聞くのが一番です。

 

パワハラに限界がきて即刻辞めたいのであれば即日対応してくれる弁護士が対応している退職代行サービスを利用してみましょう。

 

【代行費用無料!】弁護士対応なのでトラブルなく安心して辞められる『reフレッシュ転職』

reフレッシュ転職
法人名 Select Wall(セレクトウォール)株式会社
年齢 20〜29歳
職歴 不要(完全未経験から正社員になれる)
サービス内容 ・転職サポート(無料)
・弁護士相談(無料)
・退職代行サービス(3万円)
転職成功報酬 転職サービス:5万円プレゼント
退職代行・転職のセット:3万円キャッシュバック+2万円プレゼント
対応地域 全国
ここが良い ・20代特化型で未経験歓迎の正社員求人が多い
・弁護士対応の退職代行サービスが実質無料
・保有している会社の職種が豊富
・転職成功で5万円貰える
・退職に悩んでいる方は無料で弁護士の相談できる
・実質無料で退職代行を利用できる
費用 転職のみの利用は無料(退職代行の利用は3万円⇒無料にできる)
公式サイト https://refresh-tensyoku.com/

reフレッシュ転職は20代専門の転職エージェントであるのですが『reターン退職』という弁護士対応の退職代行サービスも行っていて、会社を辞めたいけど辞められない方に変わって弁護士の方が即日会社と話をつけてくれます。

会社を辞めたはいいが次に不安に思うのが転職活動です。

転職に向けての活動も斡旋してくれるので『会社を退職』と『転職活動』をセットで行い方はぜひ利用しましょう。

 

まず弁護士対応と弁護士がいない退職代行サービスの何が違うのかというところですが、弁護士以外の退職代行業者(非弁業者等)に依頼し、会社を辞めることはできたがその後に会社から給料が支払われない、損害賠償請求するぞ!と脅さるトラブルが多々あるとのことです。

弁護士対応を行っていない退職代行サービスではこのようなトラブルには一切責任を持ってくれませんが、reターン退職では弁護士が対応していますので退職届提出後の勤務先との交渉(別途未払の残業代・給与等の請求)や退職後のトラブルなどは通用しません。

安心して再スタートを切るためにスッキリ辞めるお手伝いをしていただけるので安心して利用できます。

 

また多くの退職代行サービスは3~5万円代行費用が掛かりますが、reフレッシュ転職経由で転職を成功させればお祝い金として5万円プレゼントされますので実質無料どころか2万円貰えます。(reターン退職での退職代行サービスは3万円です)

 

転職エージェント側でも保有している会社の職種の幅も広く、事務、ITエンジニア、美容カウンセラー、法人営業、コールセンター、接客、受付など取り扱っており、また完全未経験案件が豊富ですのでこれを機に異業種に転職を考える楽しみも出てきます。

もちろん同職の仕事にキャリアップ転職の方は業務経験があるので就職がスムーズに進みますね。

 

とにかくもう会社に行きたくない!あんなおばさんと顔を合わせるのもストレスだと、不安な気持ちや少し混乱している部分もあるというならまずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士相談は無料ですので気軽にお話しできますのでまずは自分の悩みや不安を話に行きましょう。

 

弁護士相談希望の方はreフレッシュ転職の公式サイトの右下のポップ(スマホだと少しスクールすれば下に帯が出てきます)の『reターン退職』から予約ができます。

 

 

失業保険をしっかり貰って納得のいく円満退社をしたいなら【退職コンシェルジュ

退職コンシェルジュ

退職コンシェルジュは全年齢対象で全国対応で退職手続き全般を代行してくれます。

即日対応で、会社とのやり取りすべてを請け負ってくれるので明日から会社に行く必要はありません。

退職代行サービス・保険証や失業手当に関する相談・顧問弁護士による簡易法律相談、全て込みのフルサポートプランで35,000円で請け負ってくれます。

 

また無料で転職支援のサービスも行っていますので退職後の不安も相談できます。

 

そして一番の魅力は退職コンシェルジュの強みである「労働組合が運営」「顧問弁護士と提携」「人事のプロが対応」を活かし、退職につきまとう煩わしい問題をスムーズに解決できる点です。とにかくバックが強いです。

 

労働組合や弁護士と連携しているので退職をするにあたって給料を支払われない、脅された、契約で2年はやめることができないと辞めさせてもらえないなどあらゆるトラブルに対応しています。

なので例え退職理由などで会社と意見の相違があっても弁護士や労働組合が味方してくれるので失業手当がもらえるのか、有給消化をしてから辞めたい、保険証の相談などについてもこちら側の納得のいく結果に収まります。

 

そしてパワハラを受けていてそれが理由で退職するのであれば会社都合で退職できる対象となるので失業保険が最短1週間~1か月で受給され(自己都合なら3か月かかる)、また自己都合での退職よりも受給期間が長くなります。(90日~最高330日と長期間もらえます。)

これだけの期間受給金があれば生活に困りませんしその間に焦ることなくしっかりと次の転職先が探せます。

失業保険は基本1年以上の勤続年数者対象の手当でありますが、会社都合であるならば1年未満であっても受け取れる対象になります。

 

パワハラを受けていて泣き寝入り退職するのではなくしっかりと正当な手当てをもらえる辞め方はこちらがしっかりと主張すべきです。

 

20代~50代半ばまで対応していますのでストレスなく納得のいく辞め方をしたい方は退職コンシェルジュを利用してみましょう。

相談は無料です。

 

我慢の限界が来たならそのまま辞めるべき

パワハラに我慢して働くなんて本来するべきではありません。

 

我慢し続けてきたということは自分を犠牲にし続けてきているということです。

だけど人って勧業的にならないと行動に移す原動力が出てこない。

 

特に怒りってすごい行動力を発揮します。

私は限界がきてブチ切れて退職する行動ができましたが、何かきっかけができたのであればその活力に任せて会社を辞めるのは賢明です。

 

身体や心を壊してしまっては失業どころか人生の危機です。

我慢ができないほどパワハラを受けているのであれば、あなたは被害者です。

 

ただ感情に任せて雑に辞めるのではなく、その爆発した気持ちからくる行動力を使って賢く辞めましょう。辞めたから少しでも楽になる辞め方は気持ちに余裕ができますので転職活動もうまくいきます。

 

そのための手助けとして弁護士対応の退職代行サービスにまずは相談してみましょう。reフレッシュ転職に至っては転職エージェントでもあるので転職の相談だけでもOKです。

 

弁護士対応の退職代行サービスでストレスなく優位に辞める

  1. reフレッシュ転職:【20代限定】弁護士対応でトラブルなく会社を辞めれる【転職成功で5万円貰える】
  2. 退職コンシェルジュ:失敗しない退職ができる!失業手当・保険証の相談・有給消化など納得のいく退職ができる