みんなの前で怒る・侮辱するパワハラ上司がいる会社は精神病む前に転職すべき

会社で働いて上司に怒られることは普通にあることです。

しかしその叱咤がパワハラである可能性はどこから判断するのか。

 

教育なのかパワハラなのか、明らかに精神的な攻撃が大きい侮辱的な行為はパワハラであると感じた話です。




怒られる理由がストレス発散の対象となっている

私が実際にやられた話ですが上司は酒癖が悪く二日酔いの日はとにかく機嫌が悪かったり、仕事が進まないイライラや職場での人間関係で貯まったストレスを部下に仕事を建前に八つ当たりしていました。

 

建前を仕事としているが本当に些細なことや、報告の行き違いなど怒るほどでもないことで怒鳴ってくる人は要注意です。

 

ただこういう人に限って愛の無知とかあなたのためを思って言っていると指導と呈して正当化させてきます。

 

他のチームメイトと明らかに態度が違う

完全にこれはいじめであったと思うのですが私よりもすこし後に入社してきた新人(男)に対してと私(女)に対しての指導の差が歴然過ぎた話。

その上司は私と同性の女性だったのですが私の時は突き放し、仕事で分からないことに対しては侮辱して

“こんなのも分からないの?

勉強不足。”

と話も聞いてくれませんでした。

 

しかし男性の方の新人には

“何でも分からないことがあったら聞いてね。”

とハートマーク。

 

結果的に私は全て自分で調べて仕事を仕上げ納期に間に合わせたのですが、もう一人の男性の新人は納期に間に合わずチーム全員で残業して仕事を分担するほどの能力の差ができていたのですがこれでも差別的な態度は変わりませんでした。

 

人前で怒鳴られることが日常化

月に数回ある怒られる程度なら新人なら仕方がない事ですが何かにかまけてイライラをぶつけられ大声で怒鳴られる日々。

同じフロアの他部署の人にもその内容や怒られている情景は知れ渡っていました。

 

これにより私は他の人の見せしめになってしまっている苦痛から日に日にその人と話すことが怖くなり、チーム内の人間関係が悪くなっていきました。

 

この不要なまでに人まで怒鳴ったり侮辱する行為はもちろんその怒ってくる相手にも恐怖心が湧きますが、第三者の目も気になって委縮してしまいます。

 

特に苦痛だったのが第三者から

“今日めっちゃ怒られてたけどどうしたの?

大丈夫?”

と声をかけられること。

心配されているという感覚よりも先に

“みんなにあんな恥ずかしいのを見られていたんだ。”

と本当に屈辱的な気持ちになったのを覚えています。

 

しかも怒られている内容が二日酔いの八つ当たりで仕事が遅いとか報告がないとかいちゃもんのような状態でした。

同じ部署のチームメイトと比べて私が著しく報告ができない仕事ができないという事は無く、むしろ上司からは評価を受けていたのですが半分嫉妬もあったのか少しの事で呼び出されて怒られる毎日でした。

 

 

自分だけが不当に人前で怒られる日々で他のメンバーとの対応の差に不満も出てきたし、周りの目も気になるし何よりもそのから上司の心をえぐるような言葉が心労として蓄積していきました。

 

自分にだけ態度が違う、八つ当たりのように人前で怒鳴り散らして侮辱してくる行為はいじめですしパワハラです。

他人にしていい行為ではありません。

 

 

こんなのが週5日1年間これが続きました。

結果的に恐怖とストレスで仕事が手につかなくなり出社してデスクに向かうと自然と涙が出てくる毎日になっていました。

その上司の声が聞こえるだけで体が震えていましたね。

 

クビにすると脅される

こんな状態で仕事なんてできませんでした。

仕事の効率はかなり下がってしまい部署内のミーティングの時間ではそのことをまたその上司に責められる毎日になっていました。

 

私はパワハラ上司と話すことが嫌になり間接的に関わる行動にしたことで相手の逆鱗をさらに加速させてしまったようでついには個室に呼び出されました。

そこで言われたのは

“このままだったらクビにするよ?”

 

これは完全な脅しでした。

 

私はその上司に雇われているわけではなく会社の社長と経営者に雇われています。

クビにする権利はその人にはありません。

 

この言葉で体が震えるほど恐怖心が出てきましたね。

 

その後、この脅された言葉がおかしいと感じ総務部のトップに話を持ち掛けました。

その人が私を採用してくれた人事の一人でもあったからです。

この『クビ』発言を受けたことに総務もおかしいと言ってくれて

“彼女にはそんなこと言う権利はもちろん無い。

あなたは会社としては評価しているからクビになんてしません。”

といってくれました。

 

しかし同じ部署にこんなに仲の悪いパワハラをしてくるメンバーと一緒に働くことは私にはもう無理でした。

 

この事件が大きなきっかけとなり退職する決心がつきました。

 



 

パワハラをされる理由はもはやいじめと同じである

入社した初日からそのパワハラをしてくた人から嫌みを言われてきました。

私から何かしたわけでもなくなぜか初めから敵対心むき出しでしたね。

 

同じ同性だったこともあり今までその上司が部署でたった1人だけの女だったのに私が入ったことで自分の女の価値が下がったからとか、その上司よりも自分が若いから焼きもちを焼いていたからとその上司を良く知る同僚から聞きましたがどれも私からしたら知ったこっちゃないんです。

 

歩み寄ることも頑張ってみた時期もありましたが初めから敵対心を出している人や、自分の立場を利用して弱い者を叩くような性格のねじ曲がった人と分かりあうのはむしろ無駄な時間だと思いました。

 

いじめやパワハラの理由や原因ってこちらが防ぎようもないことが多いのではないかと感じましたね。

 

人前で怒鳴るようなパワハラする人は大した人間ではない

個人的な意見も含んでいますがそもそも他人を自分の立場を利用して脅したりする人間ってクズなんです。

対して仕事もできなかったり、偉そうなだけだったりと、ただ高圧的なだけで大したことはできない小さい人間なんだなと感じました。

 

こういう人が上司である器ではないのですが、こういう会社の癌の様な人がどんどん部下を追い込んで辞めさせたり精神的コントロールをしたりしてその人よりも上に行くことが難しくなっている環境に仕上がっているなとも感じました。

 

パワハラをしてくる人がいる会社には人が就かないし、人が就かない会社が成長できることもありません。

粗悪な環境が続くような職場はいるだけ無駄です。

 

パワハラを受けているなら問答無用で会社を辞めるべき

ブラック企業やパワハラなどいろんな闇な部分が会社にはありますが人の精神を傷つけて制御不能にしてしまう会社は問答無用で退職すべきです。

 

パワハラを受けていて心療内科に通っていたのですが医療費も馬鹿にならないし、病院に行ったからといって治るものではないと感じました。

1度精神が病んでしまうと復帰が難しくなる。

そうなる前にそんな環境から脱するべきでしょう。

 

パワハラを受けている、ブラック企業だったという会社に勤めていて仕事がなくなるのが怖いからと辞められない人はその後に自分の体と精神を失う事になります。

仕事探しの専門家の何人かに以前の職場の環境や受けてきたパワハラについて相談したことがあったのですが

“そんな会社さっさと辞めるべき”

とみんなこぞって言いましたね。

 

明らかにおかしな侮辱や叱咤はパワハラに当たる場合がありますので、その行為のせいで仕事に影響が出始めてきたらすぐに仕事を辞めるか部署移動をしましょう。

 

人気記事未経験から中途入社したWeb制作会社がブラックだったので1年目で辞めて転職し…